掲載中の作品

ネブラ・ディスク(英:Nebraskydisk、独:HimmelsscheibevonNebra)は、…

ディスクの四隅の緑とオレンジのドット。ディスクはブロンズの2つの層で作られています。外側の層は、バイエルン州のエルヴィン・ズヴォレの工場で作られた黒のブロンズで構成されており、中間層は鉄で作られています。ディスクは、黒のブロンズのボーダーと、「シュライバッハ」と呼ばれる特殊な金属で作られた赤と黒のドットの白いボーダーで装飾されています。現在の画像では赤と黒のドットの境目が復元されています。

ディスクの内側と表面の両方に数箇所の傷がある以外は、非常に完璧な状態です。ディスクの上部には、シュライバッハの黒と赤のドットで装飾されたブロンズのプラークがあります。プラークは腐食から守るために、黒の塗料で薄く覆われている。

円盤は、古代青銅器時代の集落と初期ローマ時代の家の間の位置で発見されました。

円盤自体はブロンズの二層構造になっています。外側の層はバイエルン州のエルヴィン・ズヴォレの工場で作られた黒のブロンズで、真ん中の層は鉄でできています

Photo by Can Pac Swire

ネブラ・ディスク (英:Nebra sky disk、独:Himmelsscheibe von Nebra) は、2002年にドイツのザクセン=アンハルト州ブルゲンラント郡ネブラ(英語版)近郊のミッテルベルク先史時代保護区で発見された、青銅とその上に大小幾つかの金が張られた円盤である。この円盤は、初期の青銅器時代ウーニェチツェ文化とかかわる天文盤と考えられ、紀元前17世紀からのこの時代の終わりには、ヨーロッパの北部がウーニェチツェ人の独占を逃れて、原材料(銅とスズ)とそれらを加工する技術において、中部ヨーロッパの流通ネットワークに参加することができたとみられる。

目次
概要
直径約32cm、重さおよそ2050gの青銅製。円盤の厚さは、中央から外側へとおよそ4.5〜1.5mmへと減少している。現在の状況は緑色の緑青をふいているが、元の色は茶色を帯びたナス紺色である。

約3600年前に作られた人類最古の天文盤であると、2005年ドイツの研究チームが結論づけた。この盤の上には金の装飾(インレー)で、太陽(または満月)と月、32個の星(そのうち7つはプレアデス星団)などが模られ、太陽暦と太陰暦を組み合わせた天文時計であると考えられている。

もともとの天文盤には、37個の金のインレーがあった。1つのインレーは、古代に既に取り除かれていたが、その前の位置は、まだ見える溝により決めることができる。円盤の縁は、前面から38個の穴が開けられ、その穴の直径は、およそ2.5mmで、互いから決まった位置に開けられていた。

オリジナル品は、ザクセン=アンハルト州立のハレ先史博物館で見ることができる。また、ネブラの発見場所近くにはビジターセンターが設置され、そのレプリカが常設されている。日本では、2005年の愛知万博(愛・地球博)で展示されたことがある。2013年6月には「20世紀の最も重要な考古学上の発見の1つ」として、ユネスコ記憶遺産に登録された。ドイツでは、10ユーロ記念銀貨(2008年)のデザインや55セント記念切手(2008年)の絵柄にも用いられた。

発見の経緯
この天文盤は、ドイツ北東部にあるザクセン・アンハルト州(州都マグデブルク)ネブラ(ライプチィヒからおよそ西へ55km)近郊の村ヴァンゲンの近くツィーゲルローダ森林のミッテルベルク(標高252m)と呼ばれる山間で、1999年夏に発見された。そして、3年間ほど骨董業者らの手を渡り歩いた後、美術館学芸員と教師の夫妻が200,000DM(ドイツマルク)で購入して700,000DMで売りに出したところ、違法発掘者による盗掘品だったために、当局捜査員に押収された。スイスのバーゼルでの囮捜査に協力したのは、州立ハレ先史博物館館長の考古学者ハラルド・メラー博士であり、予めブラックマーケット販売品の写真を見て、ツタンカーメンの黄金の仮面に匹敵する円盤であると考えていた。

同時に発見された埋蔵品:ブロンズ製の剣2本

同時に発見された埋蔵品:鑿、手斧と腕輪
この天盤と同時にブロンズ剣2本や手斧2本、腕輪2つ、鑿1本も発掘された。剣については、年代の分かるサンプルもあるため、一緒に出土した2本の剣の詳細を検討し、関連年代測定法(associative dating)を用い、類推した。円盤の土壌レベル(soil level)も2本の剣と同じであり、別々に埋められたのではないことが確認された。また、この柄付き剣の1つに、グリップを適所に保持するために明らかに使った樺の皮の残骸があった。この樹皮の放射性炭素年代測定を行い、研究家らはこれらを基に3,600年前に埋められたと推定した

同時にネブラで出土した剣は、系統的にハンガリーモデルと呼ばれる形式に続くアパ型の剣と古代の北ヨーロッパ固有のゼーゲル刃との組み合わせである。この剣の柄は、成形部の2分の1が中身の無い殻(シェル)で出来ていて(ハルプシャレンクリフ)、史料として珍しいものである。

ザクソン・アンハルト州の法律(歴史的な遺構物保護法 DenkmSchG LSA § 12 sec. 1)により、考古学上の発見した掘り出し物は、法的に州の所有物となる。このため、その後発見物は法的な所有者であるザクセン・アンハルト州を経て、州立ハレ先史時代博物館に無事収蔵されることとなった。盗掘者らは2003年、そして骨董業者らは2007年に有罪判決された。

推測された使用法

夏至時に太陽はブロッケン山の背後に隠れる

春分と秋分の日にはアークの中心点に太陽は下る

冬至時には太陽は最南端に下る
三日月(四日または五日月と思われるが、ここでは便宜上三日月と呼ぶ)と推測される意匠の右側に金の弧枠が張られ、かつてはその反対側にも同じ弧枠が張られていた痕跡が残っている。

このディスクの使い方について研究された結果、春分・秋分の日に太陽の沈む位置を三日月側の弧枠の中央へ合わせると、冬至には弧枠の左端に、そして夏至には弧枠の右端に太陽が沈むことが判明した。日の出の場合は、春分・秋分の日に太陽が上る位置を弧枠の中央に合わせると、冬至では弧枠の右端が、夏至では弧枠の左端が太陽の上る位置となる。その弧の中心角は82~83度であった。これは、1年を通じて、日の入りまたは、日の出時の太陽が地平線に描く軌跡と一致した。さらに、夏至時に、この場所から見ると夕日が北部ドイツ高地ハルツ山脈最高峰ブロッケン山(標高1,141m)に隠れるため、天象観察に使われていたことに確信が生まれた。また、ケルト時代に、バルテン(Baltaine)祭りとして知られる5月1日の春祭りの日には、太陽は、ハルツ山脈南部のキフホイザー・マシーフ(塊状岩山地)の最も高い丘であるクルペンベルク(標高473.6m)の背後に沈む。そして降霜は、この日に終わる。春祭りは、今日ではヴァルプルギスの夜に受け継がれ、キフホイザー・マシーフは、生け贄の願掛けシャフトや伝説など古代の宗教的象徴となっている。

写真下部の金でできた湾曲した紐状の意匠は、古代エジプトの新王国時代に確立した信仰に基づくような太陽ボート(英語版)を表していると考えられている。[5]

太陽の位置から日時を求める太陽暦とは異なり、太陰暦は月の位相によって日時が計算される。また、太陰年は12か月の朔望月(29.5306日)を基準とするため、太陽暦よりも約11日少ない354日で1か年となる。研究者の一人であるメラー博士は、ネブラ天文盤は太陰暦によって生ずる閏月、すなわち13か月目をいつに合わせるべきかを予測し、太陰暦と季節を同期させるために用いられていた可能性が極めて高いと結論した。メラー博士はさらに「この天文盤の機能は、当時でも極僅かな人々にしか知られていなかったと考えられます。最も驚くべきことは、青銅器時代の人々が太陽暦と太陰暦を組み合わせて使っていたという事実に他なりません。これは我々も予想だにしませんでした。」と語った[6]。

閏年規則は、バビロニアの楔形文字テキストのムル・アピン(英語版)(紀元前7/6世紀)から分かっている。このタブレットは、2枚見つかっているが、紀元前1370年頃に書かれたもののコピーであると考えられている[7]。それには、「春の月の新月が、年の初めに、7つの星(すなわちプレアデス星団)の隣に現れるならば、普通の年です。しかし、月がこの月の3日目だけにプレアデス星団の近くに最初に現れるならば(月がより厚い三日月に満ちているとき)、閏年です。そして、うるう月をカレンダーに加えなければならない。」と記録されている。

また、農業にとっての暦としても使うことが出来ただろう、と推測されている。ネブラ天文盤に描かれた唯一の星団は、”一緒に近くに置かれる7つの金のドットの1グループ”である。「これらは、プレアデス星団を表している」という見方に疑問を持つ識者はほとんどいない。世界各地で例がみられるように、ヨーロッパにおいてもプレアデス星団は農業の暦にとって非常に大切であり、3月10日の西の夕方の空に最後に見えたならば、種蒔きの始まりを意味し、10月17日の西の朝の空にこの星団が沈むときは、刈り入れが始まることを意味している。ネブラのスカイ・ディスクにおいてプレアデス星団は、3月の三日月と10月の満月の間、西の空に(中央ドイツの位置する緯度でのみ見える組み合わせで)描かれている。これにより、スカイ・ディスクは農民の1年の始まりと終わりの理想的な暦として使われることが出来たと考えられる[8]。

また最近の解読説として、天文盤を頭の上に掲げ、空を見上げながら読む方法が挙げられている。[9] [10]

ライフ・ステージ
金属加工と使用によって残った痕跡や使われた材料と絵の要素の配置により、円盤のライフ・ステージを5つに分けることができる。

ステージ1
最初、青銅円盤を、夜空を表す32の星、満月と三日月で装飾した。
ステージ2
後に、両端にアークを追加し、2つの星を隠した。一方、別の星をそれが見えるように、新しい場所に置き換えた。再配置した1つの星はアークが現在無いために、はっきり見えるが、右側のアークの下に隠された2つの星は、X線撮影像により、はっきり見える。
ステージ3
1つのプレート片は、他の金のアップリケと、色と装飾において、明らかに違う。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。