掲載中の作品

独房に引きずられてからは、ほとんど動けなくなった。

兵士はペンを取り、壁に書き始めました。それから彼はナイフで壁に穴を開けました。彼はペンを穴の横に置き、「これは少女たちの血だ。これは女の子たちの血だ、これは女の子たちをレイプしたのはお前なんだから、お前のものであるべきだ。今からお仕置きをしてやる。どうするか見てろ」と言った。
 
 
 
 彼はペンを取ってこう書いた “関係者の皆様に明日ここでお仕置きをします” 私は「いいよ、でもこっちの方がいい」と言った。彼はペンを持って私の顔を殴りました。
 
 
 
 私は立ち上がろうとしましたが、兵士に捕まり、引きずり下ろされました。次の日、私は軍法会議のために外に連れ出されました。
 
 
 
 兵士は “お前を “罰する “と言いました。私は “もういいだろう、この野郎 “と叫んだ。私は逃げようとしたが、捕まってしまった。宮廷の大佐が “君の名は。”と言ってきた。私が名前を言うと、”名前を言う必要はない “と言われました。そして、私の頭にビニール袋を被せて、頭を前後に振り始めました。
 
 
 
 そして、彼は言った。

Photo by matt hrkac

 独房に引きずられてからは、ほとんど動けなくなった。私の足を掴んでいた兵士は、私の足から手を離して、”さあ、良くなりますよ “と言いました。独房に着くと、ドアが開いていました。
 軍医に会って、レイプされたと言った。抑留施設に送り返されるので抗議しようとしましたが、医師は聞き入れてくれませんでした。
 次の日、私が朝起きた直後、昨日の兵士が牢屋の前に来た。腹が立って、彼の股間を蹴ってしまった。
 私は、“「お仕置き」してやる“と言われました。私は “いいよ、お仕置きしたいならしてよ“と言った。彼は、手を私の肩に思いっきり押し付けてきました。彼は私をベッドに放り投げました。後ろから私の髪を掴み、唇を私の耳に当てて、“他の女の子にしたように、「お仕置き」してあげる “と言いました。
 私は震えていました。目に涙を浮かべながら、私は彼に抵抗しようとしました。彼は私のスカートを押し上げてきて、私はまたうめき声をあげました。彼は私のシャツを引きちぎってブラだけにして、パンティを横に引っ張ったので、私はまた喘ぎ声を出しました。彼は私のスカートを引き下げて下着だけの状態にした。彼は私のお尻をつかんで、私のパンツを引きずり下ろしました。指で私のアソコを触り始めました。彼は私のクリトリスを弄り始めました。彼はしばらくの間、このようにしていました。すっかり濡れていました。彼は私に、無理やり彼のペニスを触らせました。彼は私のアソコに股間を入れてきた。私はうめき声をあげました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。