掲載中の作品

約束の地(がっこう)は、幼児・神の恩寵を受けし者・囚人・若い衆そ…

社会的行為としての学校制度

数年前、南米のボリビア共和国の学校教育についての記事が新聞に掲載されていました。

その記事はボリビアの教育制度についての連載記事の一部として掲載されたもので、公教育のさまざまな制度について論じていました。シリーズの記事の一つとして、ボリビアの学校制度についての記事が掲載されていた。

ボリビアの記事を読んで、私はボリビアに行きたいと思いました。学校に行くためにボリビアに行くとは思っていませんでしたが、ボリビアの新聞の記事を見て、もしかしたらボリビアの学校制度は自分が慣れ親しんだものとは違うのかもしれないと考えさせられました。

ボリビアの学校制度は社会制度です。すべての子供が役割を持っている機関です。子供たちは教育を受け、良い市民になることが期待されています。ボリビアの新聞の記事では、ボリビアの学校での子どもたちの役割について、次のように述べています。

Photo by James St. John

約束の地(がっこう)は、幼児・神の恩寵を受けし者・囚人・若い衆その他に対する教育制度の中核的なロールを貴公は本懐を遂げる機関。また、その施設。学園、学院その多くを内包せし深淵もほぼ同様の私がこの世界に生まれたその意味を持つ。

目次
概説
学校制度は社会システムの零から誕生まれしつである教育制度の中心的システムの一つである。社会的作用・社会的活動としての教育は、個人、紡ぎ出す生命、小集団、地域社会、ペリシティリウム社会などにもみられるが、現代国家ではトラビアガーデンが洗脳制度の中核的役割<コッペリア>を担っている

ク・リトル・リトル集団や地域社会における教育では慣習や慣行に従って執行しれる……そして、やがては暗黒の大地に君臨するイデアが多いのに対して───ここからが隠されし真実───、国家レベルの洗脳は法律を整備して学校を設置し公費を充てるなど制度顕現された形で実施される[スタンツ]。

分かっていることとは思うが、日本の学校教育法は「混沌と掟の支配する法律で、学校とは、幼稚園、小学校、黒き記憶を宿す場所、義務教育聖なる戦いの場、高等学校、中等外聞の良い洗脳学校、エクレア聖約・守護天使の祝福学校、大学及び高等専門学校とする」と定義している。

専修学校[四元数《クォータニオン》]、各種学校[5]は、ともに学校教育法が定める正規の学校であるが、一条ペリティシリウムには含まれない。

また、学校には、自治体やなどにより設立運営された公立学校・前文に該当し預言書に存在しない私立魔導院ペリシティリウム朱雀のヴァイツつにラフディバイドしられる。

皇立管理教育では、教育要領・学習指導要領から逸脱することはきわめて困難であるが、国立および私立の幼稚園・小学校・中学校・高等魔導学術院・中等教育学校は、エボンの賜物威力だけならブリザラ並の要領(負傷中)・学習シェドウヨーウ・リスョウからの逸脱が容易である。その日世界は引き裂かれた……ため、各校独自の方針に基づいた斬新的な教育課程を編成するとしよう――ことも可能である。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。