掲載中の作品

煙に燻されて、美味しく育ったお肉たち。

“私は猫じゃない”
彼女の名前はアリスで、金色の毛皮をしていました。
彼女は私に酒を持ってきてくれる人でした。
彼女は私を見守っているうちに、猫の形をした後、人の形に変わっていきました。
彼女は今にも飛び上がりそうなくらい背が高かった。
これには驚いた。
“あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
アリスの姿が白い光に包まれた。
穴の中から金色の毛並みの白い猫が出てきました。
“ムウ。可愛いね”
枕の上で頭をこすった。
ねこねこは私を見上げて、金色の毛皮の白猫に話しかけた。
“名前がついたんだね。アリスって名前にする?”
“えっ、私は・・・猫じゃないの・・・?”
“猫じゃないって言うのはいいんだよ、そう名乗りたいなら。”
“えっ、何が悪いの?私は猫じゃない……!」。
アリスは “私は猫じゃない “と言いたいような声で答えた。
私は戸惑った。
“もしそうなら、あなたは猫になれると思う?”
“私は知らない。”私は手がかりを持っていない”
“どうして?”
“まあ、猫のことはよくわからない

Photo by wuestenigel

煙に燻されて、美味しく育ったお肉たち。
お酒と共に流し込みたいなあなんて思ってると、猫が現れました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。