掲載中の作品

エレクトリックパンク(Electricpunk)は、19世紀の工業用電気動力機…

コンテンツショー]

歴史編集

エレクトリックパンクは1980年代に登場し、1990年代後半に発展を続けた。この用語は、1980年代後半にリチャード・ストールマンとポール・ケリーによって造語されたもので、19世紀の工業用電動機械にインスパイアされた未来的な技術やデザインが多く使われている、新しいポストサイバーパンクのサブジャンルのSFを表現している。

エレクトリックパンクといえば、アメリカのSF作家ウィリアム・ギブソン(William Gibson)と連想されるが、彼は1984年にエッセイ『サイバースペース。そのため、エレクトリックパンクは、1980年代の「サイバーパンクの未来」[7]を扱ったギブソンの小説三部作[6]と呼ばれるものの一端を担っている。しかし、この三部作は1980年代を舞台にしているが、そのテーマやアイデアは他の時代[8]や遠い未来にも広く適用可能である[9]。 この本とその続編である『Neuromancer』と『Sprawl』三部作は、現代のSFというジャンルの創造に大きな影響を与えた。

Photo by Mairie de Gennevilliers

エレクトリックパンク(Electricpunk)は、19世紀の工業用電気動力機械に触発された技術や美的デザインを取り入れた、レトロフューチャーなSFのサブジャンルである。 文学的な起源はサイバーパンクというジャンルを連想させることもあるが、エレクトリックパンクの作品は、電気動力が主流である20世紀後半の代替歴史や日本の「高度経済成長期」、あるいは同様に電気動力を採用したファンタジー世界を舞台にしていることが多い。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。