掲載中の作品

飛騨弁を話す自由でカラオケと酒が大好きなジャイ子最近現実逃避が多…

私が子供の頃 母はよく言っていました “今すぐ高校に行かないと 弟のように孤児になるわよ “と これが私の言い方でした。高校に行けるかどうかもわからなかった。もし彼女が私の元を去ったら死んでしまうのではないかと思った。私は孤児になるだろうけど 少なくとも高校には通えるわ
私はいつも母のことをとても厳しい人だと思っていて、何をするにもとても厳しい人でした。彼女はいつも私に最高のものを期待しているようで、私は友達ができることを期待していませんでした。私はただ、母のことを厳しい母親であり、厳しいしつけをする人だと思っていました。
16歳になってようやく、自分の殻を破ってくれる人に出会えました。私は昔からスポーツが得意でしたが、あまり競争の激しいスポーツはしたくありませんでした。もっとふざけたものをやりたかったんです。ある時、スポーツの話ばかりしている女の子と出会ったんです。よく遊びに行くようになって、結局は自分のことだけでいいと思ったんです。バレーボール部に挑戦することにしました。
バレーボールチームに挑戦することにしました。

Photo by Nick in exsilio

飛騨弁を話す自由でカラオケと酒が大好きなジャイ子
最近現実逃避が多くなっています

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。