掲載中の作品

昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。

彼は魔物と戦い、魔物を退治しました。

そして家に帰ってきて、おばあちゃんに「鬼をやっつけた!」と報告しました。

鬼を退治したことを誇りに思った彼は、鬼の脳みそを食べ始めました。

岩の上に置き去りにして海に落ち、生きたまま食べられてしまったのです。

誇りに思っていた桃太郎は、また食べられるのが怖くて夜も眠れませんでした。

ある日、桃太郎は浜辺を歩いていると、一人の少女が泳いでいるのを見つけました。

その少女は魔女で、桃太郎の羽織と袴と立派な刀を盗もうとしていました。

桃太郎は少女に、命と引き換えにそれらを渡してほしいと頼みました。

少女は同意したが、まず自分を殺してほしいと頼んだ。

桃太郎が魔女かと問うと、少女は笑いながら「そんなわけないでしょう!」と答えた。

刀と羽織を持って、桃太郎は魔女を斬り殺し、彼女は姿を消した。

帰宅した桃太郎は、おばあちゃんに「鬼を退治した」と話しました。

おばあさんは大喜びで、刀を持っていてもいいかと尋ねました。

桃太郎は、おばあさんには返さないと言いました。

Photo by theirhistory

昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川で洗濯に。

ある日、おばあさんは川で大きな桃をひろい、家に持って帰りました。

桃を食べようとして割ってみるとなんと中から男の子が。

桃太郎と名付けられた男の子。

大切に育てられ、すくすく大きく育ったある日、鬼が島の悪い鬼の噂を聞いて、鬼退治に出かけることになりました。

おじいさんおばあさんに羽織や袴、見事な刀を用意してもらい、おばあさんに作ってもらった日本一のきび団子を持っていざ出発!

途中、犬、猿、キジに会い、きび団子をあげておともにしました。

鬼が島についた桃太郎は、鬼と対決。

たくさんの恐ろしい鬼が桃太郎たちに襲い掛かってきます。

しかし、桃太郎は怯えることなく勇敢に立ち向かい、犬猿キジの助けを借りて見事勝利!

鬼はもう悪さはしませんと桃太郎に許しを請いました。

桃太郎は鬼を許してあげ、鬼からお礼にと宝物をもらい、おじいさんおばあさんの待つ家へと帰りました。

桃太郎は鬼からもらった宝物を村のみんなに分けてあげました。

そして、おじいさんとおばあさんといつまでもしあわせに暮らしましたとさ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。