掲載中の作品

「なんだ、これは」俺は思わずつぶやいた。

“草薙!” “草薙!”
駐車場から男女の声が聞こえてきた。
男女は様々な武器を振り回しながら叫んでいた。
その女性たちは、漁港の警備員だった。
私が見たのは、二台の馬車に並んで最前列に座っている彼女たちの姿でした。最前列の馬車には、赤いコートを着た青年が乗っていた。馬車の反対側の女性は赤いコートを着ていた。女性を乗せた馬車の中には誰もいなかった。
私は前世に戻ってから、彼らを思い出した。
彼らは、私がその場所に到着したときに私を待っていた人たちでした。
“こんにちは 草薙さん!”おかえりなさい!” “おかえりなさい”
私が直面した男女は、興奮した声で私を迎えていた。
漁港では、この男女ほど興奮している人はいなかった。
“草薙、来てくれたのか! 帰ってきたのか!” “私たちも待ってました!”
女性たちは漁港の伝統的な服装に身を包んでいた

Photo by Cristal Montanez Venezuela

「なんだ、これは」俺は思わずつぶやいた。
ここは、一都三県に隣する漁港。緊急事態宣言発令中の今、地元客しかいまいと見込み出かけてきたのだ。
しかし、漁港に併設する駐車場に入った途端に、

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。