掲載中の作品

ランバート、J. R. (1998). 視覚空間作業記憶における内側前頭前野の役割. 視空間作業記憶における内側前頭前野の役割.

カミンスキー、G. (2007). 視覚空間作業記憶の神経基盤に関する新たな視点. このような研究は、研究者の研究者が、研究者の研究者としての能力を最大限に発揮できるようにすることを目的としており、研究者は、研究者の研究者としての能力を最大限に発揮できるようにすることを目的としています。ニューヨーク。オックスフォード大学出版局。

ラタスター、H.およびD. C.スミス。(2013). 手を使ってテレビを見るよりも、何が良いのか?手と脳の動きが空間ワーキングメモリに与える影響. PLoS ONE, 8(5) PMID: 23580101

Lauber, J. A., T. E. Schindler, and S. D. D’Esposito. (2005). 注意の運動と認知の制御は、別個の側方前頭前野ネットワークに依存しています:神経イメージングのための意味合い

Photo by tadtad

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。