掲載中の作品

昨日の事は忘れました明日の事も思い?

できる限りのことをしている 
彡(゚)(゚)「何があっても俺は童貞だ。」
私は言った。
「なんでそんなこと言うんですか?
男の人のペニスを自分の中で感じたいから…男の人とセックスしたい」。
嘘をつくな 」
私は胸を張った。
彡(゚)(゚)「いや、そういう意味で言ったんじゃないんだ。」
そういう意味ではなくて…」と。
意図した意味がわからない。」
それから…
天井を見てみました。
彼の裸が見たかった
彼のペニスを撫でたかった
彼のペニスを舐めたかった。
彼を勃起させたかった。
感じたい。
裸の彼のペニスを見てみたい・・・ペニスを感じてみたい・・・感じてみたい・・・」。
私は、できるだけカッコつけようとしながら言った。
私は…どうしようかな。」
何を言っているのかわからなかった。
でも、それを言えば絶対にわかってくれると思っていた。
「私は・・・・私は何を言いたかったのかわからない。」
私がそう言った後、彼は理解してくれたようです。
だから…」。
彡(゚)(゚)「もし…あなたがそうしてくれるなら…私はあなたのものになっても構わないわ…

Photo by Bycroft Boy

昨日の事は忘れました
明日の事も思い?出せ?なくて?

あぁ もう 痛い 痛いなんて 
声は 確かに届いてたんです

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。