掲載中の作品

ナウパンク(Nowpunk)は、21世紀の工業用機械に触発された技術や美…

このジャンルでは「ナウパンク」という言葉は使われていないが、他の設定では、技術があまりにも根本的に変化したために、過去や未来の既存の概念が時代遅れになっている時代を指すために使われてきた。例えば、ウィリアム・ギブソンとブルース・スターリングの著書『The Future』[8]では、主人公は未来を生き抜いてきた人間であり、主人公と未来と過去はすべてつながっており、それぞれが他の影響を受けて適応したものであることが示されている。

小説出版では様々なナウパンク作品が出回っています。また、ナウパンクのサブジャンルであるナウパンクの現在の動向を記録することを目的としたナウパンクブログ「nowpunk.io」もあります。

ナウパンク」という用語は、技術が根本的に変化し、過去や未来の既存の概念が時代遅れになっている時代を指すために、他の設定でも使用されています

Photo by Harald Felgner

ナウパンク(Nowpunk)は、21世紀の工業用機械に触発された技術や美的デザインを取り入れたSFのサブジャンルである。 その文学的起源はサイバーパンク(cyberpunk)というジャンルと関連していることもあるが、エレクトリックパンクの作品は、21世紀初頭の代替歴史や冷戦後の時代、あるいは同様に現代技術を採用したファンタジー世界を舞台にしていることが多い。

ナウパンクは、21世紀の人々が思い描いているかもしれないような時代錯誤的な技術などを特徴としており、ネオ・冷戦後主義[5]と区別されている。 そのような技術には、21世紀のSF作品に見られるような架空の機械が含まれることがある[7]。 ナウパンクの他の例としては、自動車、ヘリコプター、携帯電話、あるいはスマートフォンなどの技術のオルタナティブ・ヒストリー・スタイルの提示がある[8][9]。

ナウパンクは、ファンタジー、ホラー、歴史小説、オルタナティブヒストリー、または他のジャンルの投機小説からの追加要素を取り入れることもあり、しばしばハイブリッドなジャンルとなっている。 [10]

ナウパンクはまた、ナウパンク小説、21世紀初頭の小説、現代的デザイン、のいずれかを指す[14]。 様々な現代の実用的なオブジェは、個々の職人によって擬似的な21世紀初頭の機械的な「ナウパンク」スタイルに改造されており、多くの視覚的・音楽的アーティストがナウパンクと表現されている[15]。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。