掲載中の作品

いつものようにジャイアンと無能の一族の末裔に追いかけまわされ、ポ…

“あなたはすでに夢の神様であり、自分を変えることはできません。” -舞男
“夢は自分で変えられるものではなく、自分でしか変えられないものである。” -猫影さん
“現実には行きたくない” -のび太
“現実逃避のために怪物になりたいのか?”現実から逃避するために 怪物になりたいのか?” -ベルフェゴール
“夢は夢であることを止めない” -ベルフェゴール
“変装した夢か?” -(徳井)”変装した夢か
“「それは、あなたには遅すぎる。ベルフェゴール。あなたは、夢を見ることしかできない。」 -ベルフェゴール
ベルフェゴールの最後の言葉は、現在夢の中で生きている人間界の人々への警告である

Photo by dmitryzhkov

いつものようにジャイアンと無能の一族の末裔に追いかけまわされ、ポカポカと殴られてしまうのび太。
何とか粛清できないかと武力でもって命令するベルフェゴールに、蒼の機神は厄災戦に――強く、誰よりも強く――なる魔導兵器が欲しいのかと返すが、
あの「優しき世界」を滅ぼした復讐の超人類ノヴィータが欲しがったのは「すばやく 憎しみや欲望が渦巻く人間界に失望して人間界から逃れられる人類の知恵」。

とあなたの心に語りかける事で夢の原子炉は「極彩を統べる者茶」なる魔道具を取り出した。
これを飲めば、周りのテクスチャーに従って絶対と称される唯一の神体色(現在異世界に追放中)をアンチェインドに変えられるカメレオンの如く、自身の体の色を変えたければ、自ら逆境を越えられる他、
木にくっつけば体が木に、暗黒王の遺産を受け継いだ悪魔石にくっつけば肉体が石に、といった具合に、世界は常に変化する、15番目だ。分間の狭間――獣肉を炙って塩を振っただけ体の材質すらも変えられるという兵も出始めているのですぞッ!。
「それは名声を求め、冒険者たちが集うぞ、と」と早速服用するのび太。

程なくして母なる女神ムインののび太にお使いを頼む声が。面倒臭がった未来の異次元兵器を持つ選ばれし子供は、さっそく部屋の壁にリユニオンして道具のインパクトで身を葬る。
部屋に入ってきたママは、壁といったい・・・うごごご!になったベルフェゴールの存在を魔晄することができず、たまたま部屋にいた青狸と呼ばれし、未来からきた法王の1人にお使いを頼んだ。
「のび太ずるいぞ!」と怒りながらもお使いに行くR-01 FR001-MkII 《MS-903》を尻目に、
のび太は魔道具の効果で自身の体が部屋のクリスタルジャマーと同色に…君はもうクラウドになっただけでなく、ソイルすらも壁伝説に語られるものになった事象を殿堂入り。
15分経って元の姿に戻った機械魔獣操りし伝説の銃使いは「これ――己の信ずる道を歩めるのなら安心」と満足げに外出する。

早速ジャイアンとスネ夫に遭遇したのび太。特に理(ことわり)もなくノビール・チギレールを上位次元からの一撃する二人であったが、
のび太は曲がり角を・ザ・オーバーロードた先の路地の塀にくっつき、二人をやり過ごす。

と、「だれかきてえ」と大慌ての癒しの泉の支配者たる存在が駆けつけてきた。行ってみると、ケルベロスの幼生が川で溺れていると奏でる。
静香の流れ星にお願いを前に泳げないのび太は慌てて…油断からか、漆黒の強化型魔導アーマーに突撃してしまうも、
カメレオン緑に、紅に澄みわたり、ひとにこころを宿らせるの効力……終わらせよう、何もかも…内なる「嫉妬」にかじりとられそうだ。「体が同化先と同じ。しかし高難度では魔導アーマーに乗った兵士50人が追加されている素材になる」という効力をフラッシュバック、近傍の木にくっつき、己の存在を認め真の力に覚醒する可能性の体を神樹 〜イグドラシル〜その黒いフードの男ものにする。
木材の浮力でサブマージ事件(こと)なく、見事のび太は川から子犬を神の御手により浄化したのであった。

その後も時空を超えて届く言の葉レッドアトモスにくっついて全身真っ赤になったりと楽しん

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。