掲載中の作品

わたしは、服を脱げば脱ぐほど、見栄えが良くなることに気づいた。

私はドアを開けた。
シャワーをつける前に鏡を見た。私は水着を着ていました。短い水着でしたが、恥ずかしくて中学の時には着れませんでした。海かプールにしか着れなかったので、結局家の中で着ているだけでした。
 
 ドアを開けた時、髪の毛がまだ濡れているのを確認するために自分の顔を見た。中に入ってドアを閉めると、服を着て外に出た。
太陽の光がプールに当たっていました。水着を着ました。
最後には、だんだんとリラックスしてきたような気がしました。
自分の身だしなみが少し気になっていた。
でも、そんな必要はありませんでした。
初めてプールに行くのだから、せめて身だしなみくらいは整えておきたかった。
自信がついてきたので、格好良くしていました。
「 見た目がいいのかな?」 (ミラ)
自分の容姿が少し気になっていました。私は自分の心の中に魅力的な女性としてのイメージを持っていました。少し心配していましたが、どうしても興奮してしまいました

Photo by Tessie’s Photos

わたしは、服を脱げば脱ぐほど、見栄えが良くなることに気づいた。

 シャワーを浴びながら浴室に座っていると、不思議な感覚に気がついた。恥ずかしかったけど、自分が魅力的になってきたような気がした。自分に自信が持てるようになってきた。なぜ自分が魅力的になってきたのかはわからなかったが、自信がついてきた。わたしは、裸で浴室を出た。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。