掲載中の作品

わたしは、服を脱げば脱ぐほど、見栄えが良くなることに気づいた。

私に足りないのは夫だけでした。しかし、同時に、自分がしなければならないことをしなければならないと感じました。

 

 

 

 私は浴室で服を脱ぎました。シャツとブラを脱いでフックに掛けさせました。下着を掴んで履きました。靴を履き始めました。パンストを履いて靴下を履きました。気分が悪くなりそうでした。何もかもが疲れてきました。シャワーを浴びる時間になると死んでしまいそうでした。私はバスルームに走って行き、服をハンパに放り込んで体を洗い始めました。私は自分の胸が大きくなっていることに気づいてショックを受けました。夫よりもすでに大きかったのに、私よりも大きくなっていたのです。私は心臓の鼓動が速くなるのを止めることができませんでした。

 

 

 

 私はナイトガウンの下にブラをつけていました。ブラジャーは大きすぎて下に着るのは無理だったので、そのままつけていました。靴とパンツを脱いで足元に履いて、靴下を履いた。雪の中を歩く足の音が聞こえてくるような気がしました

Photo by Morph8

わたしは、服を脱げば脱ぐほど、見栄えが良くなることに気づいた。

 シャワーを浴びながら浴室に座っていると、不思議な感覚に気がついた。恥ずかしかったけど、自分が魅力的になってきたような気がした。自分に自信が持てるようになってきた。なぜ自分が魅力的になってきたのかはわからなかったが、自信がついてきた。わたしは、裸で浴室を出た。身体を拭いて、寝間着を着た。

 私は寝室で、椅子に座りながら服を脱ごうとした。服を脱いだらどんな感じになるのか、私は想像した。私は立ち上がって部屋を見回しました。ベッドの上に夫の姿が見えました。ナイトスタンドの上に、避妊薬のボトルが見えました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。