掲載中の作品

わたしは、服を脱げば脱ぐほど、見栄えが良くなることに気づいた。

RAWペーストデータ

アメリカに来たのは夫のおかげです。ロサンゼルスの友達の家に連れて行ってもらって両親に会いに行くことになったのは知っていました。こんなに寂しい思いをしていたことにも気がつきませんでした。私は日本での生活がとても長かったのです。姉妹や母と同じクラスになっていました。最初の頃は、自分は完全に一人だと思っていました。でも、最終的にはそんなにひどいことではないことに気がつきました。日本にいたいと思うくらい嬉しかったです。いつかは日本の社会に戻れると思っていました。いい生活ができると思っていました。幸せになれると思っていました。学校の成績も良かったし、小さな家もあったし、いい車もあった。人生は完璧だった。両親はとても協力的でした。良い大学に入れるようにしてくれました。私はずっと幸せに暮らしたいと思っていました。いつまでも幸せでいられると思っていました。しかし、私の夫は幸せではありませんでした。夫はとても不幸でした。彼は自分の仕事がとてもきついことに不満を持っていました。彼は一日に3時間、自分の仕事をしなければなりませんでした。

Photo by peterolthof

わたしは、服を脱げば脱ぐほど、見栄えが良くなることに気づいた。

 シャワーを浴びながら浴室に座っていると、不思議な感覚に気がついた。恥ずかしかったけど、自分が魅力的になってきたような気がした。自分に自信が持てるようになってきた。しかし、なぜ自分が魅力的になってきたのかはわからなかったた。わたしは、裸で浴室を出た。身体を拭いて、寝間着を着た。

 私は寝室で、椅子に座りながら服を脱ごうとした。服を脱いだらどんな感じになるのか、私は想像した。私は立ち上がって部屋を見回しました。ベッドの上に夫の姿が見えました。ナイトスタンドの上に、避妊薬のボトルが見えました。私に足りないのは夫だけでした。私は、心臓の鼓動が速くなるのを止めることができませんでした。私たちは、裸でベッドに入りました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。