掲載中の作品

わたしは、服を脱げば脱ぐほど、見栄えが良くなることに気づいた。

私には無理でした。

 

服を全部脱いだら、もう夫とのセックスはできないと思っていたので、やめました。もうこれ以上服を着たくなかったのです。ベッドの上ではすでに裸になっていて、下着は壁にぶら下がっていました。私の服は全部捨てられていました。
私はそれを手に入れることができませんでした。

 
自分がおかしくなっていることに気がついた。
服を脱いでも何も感じないと思っていた。誰かに見られているかどうかわかると思った。恥ずかしかった。持つことができなかった。
私は迷いました。
自分のペニスが見えた。私はそれを持つことができないことに気づいた。
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができなかった。
持つことができなかった
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができませんでした。
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができませんでした。
私はそれを持つことができなかった
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができませんでした。
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができませんでした。
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができなかった
私はそれを持つことができなかった。
私はそれを持つことができなかった

Photo by cseeman

わたしは、服を脱げば脱ぐほど、見栄えが良くなることに気づいた。

 シャワーを浴びながら浴室に座っていると、不思議な感覚に気がついた。恥ずかしかったけど、自分が魅力的になってきたような気がした。自分に自信が持てるようになってきた。しかし、なぜ自分が魅力的になってきたのかはわからなかったた。わたしは、裸で浴室を出た。身体を拭いて、寝間着を着た。

 私は寝室で、椅子に座りながら服を脱ごうとした。服を脱いだらどんな感じになるのか、私は想像した。私は服を脱ぎ、立ち上がって部屋を見回しました。ベッドの上に夫の姿が見えました。ナイトスタンドの上に、避妊薬のボトルが見えました。私に足りないのは夫だけでした。私は、心臓の鼓動が速くなるのを止めることができませんでした。私たちは、裸でベッドに入りました。

そして、

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。