掲載中の作品

わたしは、シャワーを浴びながら浴室に座っていると、服を脱げば脱ぐ…

“誰だ?”
“トイレに行ってくる。すぐ出てくるから”
“トイレに入る前に服を脱いでください、いいですか?”
“何?”
“トイレに入る前に服を脱ぐのよ そうしないと、同居人の前で裸で出てくることになる。”
“何を…”
私はびっくりしました。頭がおかしくなりそうでした。私は何をしたの?私は何をしたの?衝動を抑えられると思っていましたが、うまくいきませんでした。またドアが開く音がしました。すぐにトイレに入り、出てくると、入ってきた男が家の前に立っていました。
“お待たせしました”
彼は白いランジェリーを着ていました。
“いいのよ。”何も考えてなかったから “服を脱ぎに来たんだ”
“いいのよ ソファで何か男が気持ちよくなるものを見た気がしたから もっと早く服を脱げばよかったのに”
(山里)”もっと早く脱げばよかったのに” (徳井)耳を疑ってしまいました 彼は私の考えを聞いていたにもかかわらず、見て見ぬふりをしていました。彼は長い間黙ってそこに立っていました

Photo by ScottElliottSmithson

 わたしは、シャワーを浴びながら浴室に座っていると、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気づいた。自分に自信が持てるようになってきた。わたしは、裸で浴室を出た。私は体をふき、ゆっくりと階段を下りて玄関に向かった。服を着ないで夜の町に出ていった。外はとても寒かったので、すぐに家に帰った。
 リビングに行き、ソファに座った。私はアソコに指を入れ、オナニーを始めました。オナニーをしている途中、玄関のドアをノックする音がしました。しばらくすると、ドアをこじ開ける音がした。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。