掲載中の作品

わたしは、シャワーを浴びながら浴室に座っていると、服を脱げば脱ぐ…

私は彼女に「こんにちは、お兄さんです。ここにいるはずじゃなかったんだけど、様子を見に来たんだ”
 
 女性は目を見開いてしばらく私を見つめていました。夜の空気のせいか、顔色は青白い。彼女はまだ寝巻きを着ていた。彼女は私を奇妙な怪物のように見ていた。それから彼女は言った、 “あなたはここで何をしているの?”
 
 私は「あなたを探していたの。”店に行くことになっていて”
 
 彼女は言った “何の店?この家はお店を持つには十分な広さではないわ。病院で仕事を探すの?”
 
 私は「いいえ、病院で働くことにしました」と答えた。
 
 すると彼女は、”仕事?”と言いました。
 
 と聞くと、「病院では働けないから、大学に行くんだ。そこには仕事があるでしょう」と答えました。
 
 彼女は何も答えませんでした。
 
 私は「大学に行きます。あなたとお母さんのところに泊まることになりました。お医者さんがまだ結婚はできないと言ったので、ここに残ることにしました。今は病院には行けないから、お母さんと一緒にここに泊まってね

Photo by Brechtbug

 わたしは、シャワーを浴びながら浴室に座っていると、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気づいた。自分に自信が持てるようになってきた。わたしは、裸で浴室を出た。私は体をふき、ゆっくりと階段を下りて玄関に向かった。服を着ないで夜の町に出ていった。外はとても寒かったので、すぐに家に帰った。
 リビングに行き、ソファに座った。私はアソコに指を入れ、オナニーを始めました。オナニーをしている途中、玄関のドアをノックする音がしました。しばらくすると、ドアをこじ開ける音がした。男がリビングに入ってきた。彼は私がオナニーをしているのを見て、長い間黙ってドアの前に立っていました。

 俺は、ドアをこじ開けて家に入った。リビングへ入ると、女の姿が見えた。彼女は裸でした。私は彼女の顔に驚きの表情を見ました。彼女は私の方を見ていて、はっきりとした声で

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。