掲載中の作品

わたしは、シャワーを浴びながら浴室に座っていると、服を脱げば脱ぐ…

彼女は黒いランジェリーを着ていました。胸が目立っていました。顔は全裸でした。パンティーは引きずり下ろされていました。彼女のアソコは濡れて腫れていました。私は信じられませんでした。彼女は私が覚えているような美しく華やかな女性だった。
 
 私は後ろから彼女を見ました。彼女の表情はとても柔らかくて優しかった。私は彼女にキスをしたくなった。私は後ろから彼女に近づき、舌を出しました。彼女は腰を後ろに動かし始め、私の舌を吸い始めました。

私は彼女の目を見ました。乳白色のダイヤモンドのような目をしていました。彼女の顔には憧れの表情がありました。私は彼女の手を取って握った。
 
 私は彼女の手を取り、彼女のアソコに当てました。彼女は私の手を体中にこすり始めました。私が彼女の胸に触れると、彼女の乳首はとても柔らかく、しっかりとした感触がありました。私は手を伸ばして乳首に触れました。しっかりとしていて、温かかった。彼女の乳首はとても柔らかかった。彼女の手が私の手を上下に動かすと、パンティーの中に彼女の手が入ってきました。
 
 彼女の手がクリトリスを擦り始めるのを感じました。彼女はうめき始めました。私は止めました。

Photo by deportebalear

 わたしは、シャワーを浴びながら浴室に座っていると、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気づいた。自分に自信が持てるようになってきた。わたしは、裸で浴室を出た。私は体をふき、ゆっくりと階段を下りて玄関に向かった。服を着ないで夜の町に出ていった。外はとても寒かったので、すぐに家に帰った。
 リビングに行き、ソファに座った。私はアソコに指を入れ、オナニーを始めました。オナニーをしている途中、玄関のドアをノックする音がしました。しばらくすると、ドアをこじ開ける音がした。男がリビングに入ってきた。彼は私がオナニーをしているのを見て、長い間黙ってドアの前に立っていました。

 俺は、ドアをこじ開けて家に入った。リビングへ入ると、彼女の姿が見えた。彼女は裸でした。私は彼女の顔に驚きの表情を見ました。彼女は私の方を見ていて、はっきりとした声で

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。