掲載中の作品

彼女は黒いランジェリーを着ていました。

彼女のアソコの温もりを感じてびっくりしました。
      
      再びキスをしていました。
      
      彼女は私の顔に手を添えていました。そこにあるのは私の口ではなく、彼女の口の感触が私の顔に伝わってきました。私は頭を遠ざけようとしましたが、彼女は私の頭を強く掴んでいました。
      
      しばらくこのままキスをしていて、ようやく彼女の顔を見ました。彼女の目が閉じているのが感じられました。彼女は無言で俺を見ていたので、俺は下を向いた。
      
      私は彼女の顔をじっと見つめていました。私は彼女が何をしているのか意識していませんでした。
       
       彼女の顔を見て、普段見ないあの笑顔を見てびっくりしました。
       
        目を開けると、彼女の体が見えました。彼女は私の手を強く握っていました。彼女は私の顔を触りながら、私を深く見つめていました。彼女は私を見透かそうとしているように見えました。私の体に大きな変化を感じました。彼女の体の温かさを感じることができました。私は急に快感を感じました。
       
       私はびっくりしました。

Photo by wallyg

 彼女は黒いランジェリーを着ていました。胸が目立っていました。全裸でした。パンティーは引きずり下ろされていました。彼女のアソコは濡れていました。私は信じられませんでした。彼女は私が覚えているような美しく華やかな女性だった。
 私は後ろから彼女を見ました。彼女の表情はとても柔らかくて優しかった。私は彼女にキスをしたくなった。私は後ろから彼女に近づき、舌を出しました。彼女は腰を後ろに動かし始め、私の舌を吸い始めました。
 私は彼女の目を見ました。乳白色のダイヤモンドのような目をしていました。彼女の顔には憧れの表情がありました。私は彼女の手を取って握った。 
 私は彼女の手を取り、彼女のアソコに当てました。彼女は私の手を体中にこすり始めました。私が彼女の胸に触れると、彼女の乳首はとても柔らかく、しっかりとした感触がありました。私は手を伸ばして乳首に触れました。しっかりとしていて、温かかった。彼女の乳首はとても柔らかかった。彼女の手が私の手を上下に動かすと、パンティーの中に彼女の手が入ってきました。 
 彼女の手がクリトリスを擦り始めるのを感じました。彼女はうめき始めました。私は止めました。
私は彼女の顔を見た。彼女の目は欲望に満ちていた。泣きそうな顔をしていた。 
 さすがに、彼女のような女性が私のような男と一緒にいて、こんなに気持ちがいいとは思っていませんでした。彼女は「ずっと一緒にいたい」と言っていた。彼女にしてあげたいことがたくさんあった。彼女は美しい女性で、私は彼女を永遠に私のものにしたいと思った。
 彼女は腰を動かした。彼女のアソコがズキズキし始めた。私のアソコは狂ったように大きくなっていた。彼女は息が速くなっていました。”ごめんね。ムラムラしちゃって “と言っていました。彼女はバイブを使っていなかったので、本気で興奮していたのでしょう。俺は “待ってました “と言った。
 彼女は腰を動かし、太ももを広げました。すると、彼女のアソコの唇が動き出しました。彼女は今にもイキそうだったようです。俺は彼女を見て、”じゃあ、最後までやってあげるよ “と言った。彼女の目は期待に満ちていま した。私は彼女を抱きしめて “これをお前の中に入れてやる “と言いました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。