掲載中の作品

ある日、僕は線路に降り立った。

シーズン最終日でした。

家に帰らなければならなかった。

他の場所には行けなかった。

家に帰らなければならなかった。

電車は動いていた。

それはシーズンの最後の列車になりそうだった。

私は家に帰らなければならなかった。

家に帰らなければならなかった

でも家には帰れなかった

他のどこにも行けなかった

家には帰れなかった

他のどこにも行けなかった。

家に帰れなかった

家に帰れなかった

家に帰れなかった

だから逃げた

線路まで走った

線路まで走った

列車の線路まで走った

電車が止まった

そしてとても暖かかったです

そして、それは非常に寒かった。

そして、それは非常に暑かった

そして、風が吹いてきました

そして、太陽が輝いていた。

そして、星が輝いていた。

そして、”どうなるんだろうね “と思っていました。

何が起こるんだろう

何が起こるんだろうね

何が起こるんだろうね

そして私は考えていました “I wonder what’s going to happen.”

何が起こるんだろうね

何が起こるんだろうね

Photo by jeans_Photos

ある日、僕は線路に降り立った。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。