掲載中の作品

ある日の早朝、まだ日も登りきっていない頃、僕は踏切が開くのを待っ…

“本気で言ってる場合じゃない “と言っていました。”何を考えていたの?”

“何も、ただ電車を待っていただけ”

“なぜ、あなたは何をしていたのですか?”と彼は尋ねた。”何を考えていたのか、声に出さなかったのか?”

“何も “と私は言った。”天気のことを考えていた”

そして、私は泣き始めた。天気のこと 私は20年間 天気に取り組んできました 来年は去年のようになると 願っていました 私がしなければならなかったのは、自分の思い通りの天気になるようにすることだけだった。そうしたら、電車が来ようとしていた。

緊張して声が出なかった。私は決心した。橋の上に出て嵐を見ようと思っていました。私は自分に言い聞かせていました。電車を待って嵐を聞くと自分に言い聞かせた。去年と同じように。

雲が流れ込んでくるのを見た。顔に風が入ってきて、空が暗くなるのを感じた。もう目を閉じたくなかった。少なくとも私は怯えていませんでした。家族のために準備をしたように、準備をしていました。

雨はやみませんでした。

Photo by Joanbrebo

ある日の早朝、まだ日も登りきっていない頃、僕は踏切が開くのを待っていた。誰もいないのをいいことにして、ポケットに手を突っ込んだまま、口元をダウンの襟元に寄せて、うぅ、寒いななどと呟いてみたりした。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。