掲載中の作品

わたしは、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気がづいた。

これはめちゃくちゃキモい。

こんな話がたくさんあって、表面を掻きむしっているだけなのに。書くのはおろか 考えるのも難しい

友人とフェイスブックで数時間この話をしたの 私は、私はこのリストに目を通していたことを彼女に言及し、それは彼女がこれらの物語のいくつかに出くわしている可能性があります私に起こった。彼女はこれを思いつきました。

“これは私が世界中の人々のすべての種類から読んできたいくつかのものです “と彼女は書いた、 “と物語のいくつかはとてもめちゃくちゃです。私は何年も同じものを読んできたと思うほど。そして、私はここでの共通点は何なのだろうか?これらの物語には共通する要素があるのだろうか–それとも、私が知らない他の物語があるのだろうか–。”

考えているうちに “私もその一人だ “と思ったんです 私の身には何度も起こっていることですが、最近までは大したことはありませんでした。

先週シャワーを浴びていたら服がずり落ちてきたの 私は考え始めました。

Photo by Free Public Domain Illustrations by rawpixel

わたしは、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気がづいた。服を脱ぎ捨て、外へ出た。休日の学校へ行くと、校長先生が校長室に入れてくれた。“あなたは裸が似合うわ “と彼女は言った。わたしは、”あなたも服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなるわよ!”と、校長先生に言った。一人の男の先生が、校長室にやってきた。彼は私の服装に気付いて、私を不思議そうに見た。しばらくすると、彼は服を脱いで、裸になった。校長先生が、彼に向かって“私はあなたが裸になると思った “と言った。そして、今度は私に”そういうことだよ。君もそれで少しは楽しめるだろう”と言った。校長は立ち上がって、先生の服をもって部屋を出て行ってしまいました。私と男の先生は、裸で校長室に取り残された。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。