掲載中の作品

わたしは、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気がづいた。

“学生時代、クラスの男性教師がよく” “何をやっているのか見せてくれればいいじゃないか “と聞いてきました。”いや、それはできないよ。”彼氏がいるから” “じゃあ 見せてあげればいいじゃん” みたいな感じで (徳井)”それはできない “って言って “じゃあ 見せてあげればいいじゃん “って 言ってたんだけど (アルマン)でも やらなかったんだよね 私はしなかった だからしなかった 私はしなかった そして、私が高校3年生の時、彼は私に尋ねた。”何をしているのか見せてくれ “と言われて “いや 彼氏がいるんだ “って言ったら “じゃあ見せてあげればいいじゃん “って言われて “いや 彼氏がいるんだ “って言って帰っていった。(山里)キレてましたよね (YOU)そうなんですよ “見せるんじゃなくて、見せるべきだよ!”って言われた。”それはできない “って言って そしたら怒られたんですよ。でも、私はしなかった。臆病だったのかもしれないし、彼を怖がっていたのかもしれない。臆病で怖かったのかもしれない。一度だけ、パーティーで彼を見た時、私は本当に怖かった。パーティーで彼を見たの 彼はとても酔っ払っていて 私は本当に怖かった だから逃げようとしたの 歩道を走って逃げました。私は逃げて、そこにたどり着いた

Photo by James St. John

わたしは、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気がづいた。服を脱ぎ捨て、外へ出た。休日の学校へ行くと、校長先生が校長室に入れてくれた。“あなたは裸が似合うわ “と彼女は言った。わたしは、”あなたも服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなるわよ!”と、校長先生に言った。一人の男の先生が、校長室にやってきた。彼は私の服装に気付いて、私を不思議そうに見た。しばらくすると、彼は服を脱いで、裸になった。校長先生が、彼に向かって“私はあなたが裸になると思った “と言った。そして、今度は私に”そういうことだよ。君もそれで少しは楽しめるだろう”と言った。校長は立ち上がって、男の先生の服をもって部屋を出て行ってしまいました。私と男の先生は、裸で校長室に取り残された。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。