掲載中の作品

わたしは、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気がづいた。

先生が “服は一緒に来ますよ。車の方に行ってください」と言われました。

私が車に乗ると、校長先生が制服を持って戻ってきました。彼は車から降りてきて、私に「私の服は置いていくから」と言いました。私は「私の服?」と言った 彼は “そうだ “と言った 私は言った “でもなぜ?” 彼は言った “これを毎日着て欲しくないから” それで私は帰ったの 私が服を持って事務所に戻ると、男性の先生が制服を持って戻ってきました。車から降りてきて、「私の服を置いていけ」と言われました。私は “私の服?”と言った。彼は “はい “と言った。私は “でもなぜ?”と言った 彼は言った “これを毎日着て欲しくないから” “これを毎日着なくてもいいから “って 言って帰ったの

服を持って事務所に戻ると、男性の先生が制服を持って帰ってきました。車から降りてきて、「私の服を置いていけ」と言われました。私は “私の服?”と言った。彼は “はい “と言った

Photo by Hari K Patibanda

わたしは、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気がづいた。服を脱ぎ捨て、外へ出た。休日の学校へ行くと、校長先生が校長室に入れてくれた。“あなたは裸が似合うわ “と彼女は言った。わたしは、”あなたも服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなるわよ!”と、校長先生に言った。一人の男の先生が、校長室にやってきた。彼は私の服装に気付いて、私を不思議そうに見た。しばらくすると、彼は服を脱いで、裸になった。校長先生が、彼に向かって“私はあなたが裸になると思った “と言った。そして、今度は私に”そういうことだよ。君もそれで少しは楽しめるだろう”と言った。校長は立ち上がって、男の先生の服をもって部屋を出て行ってしまいました。私と男の先生は、裸で校長室に取り残された。先生が私に近づいてきた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。