掲載中の作品

もし…あなたがそうしてくれるなら…私はあなたのものになっても構わな…

彼女は、今まで付き合ってきたものよりも、もっといい選択肢があるのではないかと思っていました。彼女はそれが彼女が持っていたものよりも良い選択肢になるだろうと思った。彼女は自分自身に何をしようとしているのかわからなかった。彼女は自分のセクシュアリティを探求しようとしていた、そして彼女は信頼できる誰かとそれをしようとしていた。

“これが男が感じるべきことなのか?” 彼女は電話にささやいた

“そうだ”

“教えてくれ 俺はどんな感じだ?” 彼女は震え始めた

“女性のような気がする”

“何を?” 彼女はそれを信じていませんでした 長い間 男だったのに 欲望だけを感じていました

“私は女のような気がする” 彼は答えました

“どういう意味?”私は男よ”

“まぁ、そうなんだけど、男だけど、いつもそうなんだよね 私は女になりたいんだよ。” 彼は深呼吸をした

Photo by jacob_34

もし…あなたがそうしてくれるなら…私はあなたのものになっても構わないわ…

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。