掲載中の作品

わたしは、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気がづいた。

先生が仕事をしている女子の教室に行ってみました。先生は仕事を終えた後、”夫がいなくなって寂しかった。おっぱいがすごく大きいので、男子の制服を着ることにしました。” 私は “あなたも裸になるから、誰にも胸を見られたくないから “と言いました。彼女は “ごめんね “と答えた。私は「いいのよ。”知り合ってまだ一日だから” 彼女は微笑んだ。”トイレに行ってくる “と言ったら 彼女はうなずいた。私は女子トイレに行き 裸になりました 校長先生が “胸は大きいですか?” と聞いてきて 私は “はい “と答えました 校長先生は他の人に見られたくなかったのよ “じゃあマッサージしてあげようか “って 彼女は私をトイレの床に寝かせました 先生は私の体をマッサージし始めました。彼女の胸が私に押し付けられているのを感じました。彼女は「恥ずかしがらなくていいよ。みんなにはしたくないから。違う方法でムラムラさせてあげましょう。” 私は “もっと楽にしてください “と言いました。先生の胸がお尻に擦り付けられているのを感じると、”もっと楽にしてください “と言いました

Photo by Kristianstads kommun

 わたしは、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気がづいた。服を脱ぎ捨て、外へ出た。休日の学校へ行くと、校長先生が校長室に入れてくれた。“あなたは裸が似合うわ “と彼女は言った。わたしは、”あなたも服を脱げば脱ぐほど快適になるわよ!”と、校長先生に言った。
 一人の男子クラスの先生が、校長室にやってきた。彼は私の服装に気付いて、私を不思議そうに見た。しばらくすると、彼は服を脱いで、裸になった。私は、彼の股間をちらっと見た。彼のおちんちんは小さかった。校長先生が、彼に向かって“私はあなたが裸になると思った “と言った。そして、今度は私に”そういうことだよ。君も少しは彼と楽しめるだろう”と言った。校長は立ち上がって、男の先生の服をもって部屋を出て行ってしまいました。私と男の先生は、裸で校長室に取り残された。
 男の先生が私に近づいてきた。何をされるのかわからなかったので、私は彼に “どうしましたか?”と聞いてみました。男の先生は頭を掻いて”私と一緒に楽しんでみませんか?” と言った。私は、”いいですよ。何をするんですか”と言った。 
 男の先生は “君の好きなことをしたい “と言った。私は、”先生はお疲れでしょう”と言って、彼の背中や首筋を揉み始めました。すると、彼は私の太腿を撫で始めた。彼は “さあ、それじゃ楽しくやろうぜ “と言った。私は、もう一度彼の股間を見た。彼のおちんちんは、やっぱり小さかった。
 しばらくすると男の先生は、急に私の頭を掴んでキスをしてきました。彼は私の股間に手を置いた。彼は私の胸に手を置いた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。