掲載中の作品

わたしは、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気がづいた。

“これで満足か?” “いや 四つん這いになって チンコを出したい” “男の子とするのは悪いことだと思う?” “気にしない “間違っているかもしれないが 間違ってはいない” “間違っているのはわかっているし、男の子とはやらせない” “気にしない。”男の子とやりたい” “目を見ればわかる “男の子になりたいのね” “そうしたい”    “あなたは男の子とそうするでしょう そして私ともそうするでしょう”
“君とする必要があるんじゃなくて 君としたいんだ” “私ともしたいの?”
“そうしたい”
“そこまでいったら 私のところに来て” “私としてもいいですか?”
“そうしたい”
“気をつけてね 男子に裸を見られることはありません。”    【私の男の子の男の子との遊びについての先生のコメント】
 
“そうだね、男にしてあげよう” “私が守ってあげる” “イキそうになったら抜いて”
“そうするよ”
 
その後、硬くなるまで彼のおちんちんを弄り、射精してから抜きました。”もういいよ” “よかった。

Photo by Philippe_

 わたしは、服を脱げば脱ぐほど見栄えが良くなることに気がづいた。服を脱ぎ捨て、外へ出た。休日の学校へ行くと、校長先生が校長室に入れてくれた。“あなたは裸が似合うわ “と彼女は言った。わたしは、”あなたも服を脱げば脱ぐほど快適になるわよ!”と、校長先生に言った。
 一人の男子クラスの先生が、校長室にやってきた。彼は私の服装に気付いて、私を不思議そうに見た。しばらくすると、彼は服を脱いで、裸になった。私は、彼の股間をちらっと見た。彼のおちんちんは小さかった。校長先生が、彼に向かって“私はあなたが裸になると思った “と言った。そして、今度は私に”そういうことだよ。君も少しは彼と楽しめるだろう”と言った。校長は立ち上がって、男の先生の服をもって部屋を出て行ってしまいました。私と男の先生は、裸で校長室に取り残された。
 男の先生が私に近づいてきた。何をされるのかわからなかったので、私は彼に “どうしましたか?”と聞いてみました。男の先生は頭を掻いて”私と一緒に楽しんでみませんか?” と言った。私は、”いいですよ。何をするんですか”と言った。 
 男の先生は “君の好きなことをしたい “と言った。私は、”先生はお疲れでしょう”と言って、彼の背中や首筋を揉み始めました。すると、彼は私の太腿を撫で始めた。彼は “さあ、それじゃ楽しくやろうぜ “と言った。私は、もう一度彼の股間を見た。彼のおちんちんは、やっぱり小さかった。
 しばらくすると男の先生は、急に私の頭を掴んでキスをしてきました。彼は私の股間に触りだした。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。