掲載中の作品

和歌山県古座川町直美の大谷(おおや)湿原で、日本最小、世界最小とさ…

県の関係者によると、この地域ではトンボがさらに多く発生している可能性があるが、なぜ発生したのかは不明だという。

一方、日本のメディアは、発生の原因となった昆虫の正確な種類は不明だが、2月末に同地域でトンボの「爆発的な発生」が記録されたと報じている。

トンボは同国の山間部や湿地に多く生息しており、冬の寒い時期に繁殖することが知られている。

Photo by Wildreturn

和歌山県古座川町直美の大谷(おおや)湿原で、日本最小、世界最小とされる体長2センチほどのトンボの羽化が始まりました。日、広島市安佐北区の安佐動物公園では、トンボを飼っていた男性に職務質問をしようと近づいたところ、車が急発進して逃走したということです。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。