掲載中の作品

事務室から出て階段を降りる。

“まだ残っているのがすごい “と言ってみた。

“初めて聞くことではない”

本当だった 過去7年間、オールドステートハウスを訪れる人は絶えませんでした。夏には2階に上がって屋根裏部屋を覗くことができ、冬にはダイニングルームやキッチンを見ることができます。人々は歴史や雰囲気を求めて訪れますが、食事を求めても訪れます。ここにはかつて「オールドステートハウス」というレストランがありましたが、閉店してからは、テーブルと椅子はすべて博物館に引き継がれています。

広告 メインストーリーの続きを読む

オールドステートハウスは単なる施設ではありません。巡礼の場でもあります 町への道中、行ったことのない人は、その不在に心を打たれる。帰り道、行ったことのない人は、ここに来たことがあるという事実に心を打たれます。

メルマガ登録 本編の続きを読む ボックスをクリックしてロボットではないことを確認してください。無効なメールアドレスを入力してください。再入力してください。購読するにはニュースレターを選択する必要があります。

Photo by UpNorth Memories – Don Harrison

事務室から出て階段を降りる。長い廊下を抜け、両開きの扉をくぐるとそこは大広間だ。左手にはカウンター。正面には一面のガラス窓があり、その先の庭園を望む。三階までぶち抜かれた天井には、ミケランジェロ風の絵画が描かれている。そして、配膳台がある手前側のスペースと、テーブルが並ぶ奥のスペースは、装飾的な太い柱で、通路を確保しながら区切られていた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。