掲載中の作品

「道明寺ここあ」と「ぐりとぐら」と「山月記」と「三浦大知」の関係…

サンゲツキ:サンゲツキは、土師家に属していた偉大な武士である。三月記は1604年に生まれました。土師家の武士であった清正の息子である。

ぐりとぐらは、戦国時代の主要な藩の一つである新選組に所属していた名士です。弓の腕前で知られていた。

三浦大知:三浦大知は大正時代の武士で、土師家にも属していた。また、戦国時代の主要な武家の一つであった菊藩にも所属していた。後州藩にも属していた。

三浦は物語の主人公であり、主な敵役。戦国時代の最高の武将であり、五大将軍の一人である。土師藩や後州藩に属していた。また、菊氏にも属していた。

佐々木(ささき):物語の登場人物。大正藩に属していた。土師藩にも属していた

Photo by Agência Brasília

「道明寺ここあ」と「ぐりとぐら」と「山月記」と「三浦大知」の関係

國阿道明寺(こくあどうみょうじ)。記録された最も早い武士の一つは、徳川藩のメンバーだった偉大な武士、Kokoua 道明寺だった。道明寺の父権藤も武士であり(当時は武士ではなかったが)、道明寺の母も武士であった可能性が高い。 道明寺が6歳の時、彼は軍隊に入隊し、幼い頃から訓練を受けていた。道明寺の兵役は佐世保の戦いで幕を閉じた。

ぐりとぐら:1603年に戦国時代を経て結成された新選組に所属していた有名な武士。戦国時代の主要な藩の一つであった土師家に属していた。ぐりは有名な武将で、弓の腕前で知られていました。ぐりは、長く天下を治めていた徳川家康の孫でした。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。