掲載中の作品

毎日ブログを書いていると、ネタがなくて困るときがある。

本日ご紹介する自動テキスト生成(ASTG)は、入力されたテキストを元にテキストを生成することができるシンプルなツールです。

このツールは、「word2vec」と呼ばれる手法をベースにしています。これは10年以上前にハンガリーの研究者チームによって開発されたもので、word2vecの主な考え方は、同じ単語を異なる文脈で使うことです。例えば、「暑い」のような単語を文中で使うが、「寒い」や「涼しい」を含む文中で使うとします。hot」という単語には多くの異なる意味が含まれていますが、文脈から何を意味しているのかを知ることができます。

word2vecアルゴリズムは実装が簡単で、うまく機能します。アルゴリズムは次のように説明できます。

テキストの一部に対応する最適な単語を見つけ、その文字列に基づいて新しいテキストを生成します。

これがword2vecの仕組みです。

まず、アルゴリズムは使用する単語を検索します。これは、以下のようなことを行います。

Photo by stjosemariaquotes_en

毎日ブログを書いていると、ネタがなくて困るときがある。ようやくアイデアをひねり出しても、文章を書いている途中で息切れしてしまい、続きがまったく浮かんでこない。筆が止まる。小説を書いているときも、こういったことはよくある。そんなとき、代わりに文章を書いてくれる人がいないかなぁ・・・なんて思うけど、そうそう都合の良いタイミングでそんな人がいるわけないし、いたとしてもこちらの考えていることをしっかり伝えるためのやりとりが面倒くさい。そもそも人が書いた文章を(アイデアは自分が考えたとはいえ)自分の名前で出すというのはナンセンスともいえる。人間がダメなら機械だ。ということで、最近何かと話題の文章自動生成ツールについて、以前記事を書いた。面白そうなツールをご案内いただいたので紹介する。その名も、PlayAI(ぷれあい)だ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。