掲載中の作品

男は、彼女が乗っている車を覗いて一人しかいないことを確かめると、…

警察を呼ぶように言われた 警察に電話しました 警察が来て 男は逃げた 私は彼が誰で何をしたのかを話しました。彼らはそれを処理すると言った

2年後、男はまた私の車に押し入ってきた。今度は私の服を脱いで、私の陰部を見せろと要求してきました。彼はそれをしながら私の手を握っていました。私は「そんなことはしません。服を脱ぐつもりはありません。私の服の下には私の服が入っています。” 彼は私のノートパソコン、パソコン、鍵、家の鍵が入っていたカバンを持って窓から投げ捨てました。全部持っていかれた。彼はそれを窓から投げ捨て、公園に戻っていった。私は彼の後を追いました。周りの人が麻薬の売人だと思うくらいのスピードで走りました。彼は80歳から90歳くらいだった。彼は私を見て言った。何をしているんだ?私は “君の友達の友達だ “と言った。彼は、”お前は俺の友達じゃない、泥棒だ “と言った。

すると彼は、警察と契約していると言いました。私は「何の契約?警察とは契約してないよ。

Photo by PacificKlaus

男は、彼女が乗っている車を覗いて一人しかいないことを確かめると、彼女の車に押し入った。彼は、車の窓ガラスにカーテンを引いた。彼は"私は警察のものだ。今すぐすべての服を脱ぐように"と言った。彼女が"いやよ"と言って断ったので、彼は彼女の服を無理やり剥ぎ取り、車の外に放り投げて火をつけた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。