掲載中の作品

※シリウスとは、おおいぬ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つで…

“シリウスについて10年間シリウスについて書いてきた 雑誌「スカイ&テレスコープ」の上級編集者アラン・ダフィーは、「シリウスはいつも私にかなり奇妙な感じを与えてくれます。”それはいつも私にかなり奇妙な感じを与えてくれました。” ダッフィーの友人で、『スカイ&テレスコープ』誌の元ライターであるマット・ハートリーにも似たような話がある。

ダッフィーとハートリーは熱心な天文学者であるが、ダッフィーは約1年半前、彼の脳からセロトニンが漏れていることを発見したときに驚いた。

疑った彼はそれを調べ始めた。彼は双極性障害と診断され、抗うつ薬と抗不安薬を何年も服用していた。

“セロトニンと関係があることは知っていた “とダフィーは言った。”それが神経伝達物質だとは知らなかった”

神経伝達物質の漏れの原因を調べ始めた時、ダフィーは自分の脳が松果体からセロトニンを漏らしていることを発見しました。

“脳内に他の神経伝達物質があるとは知らなかった “とダフィーは言います

Photo by NASA HQ PHOTO

※シリウスとは、おおいぬ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つで、太陽を除けば地球上から見える最も明るい恒星である。

シリウスに脳の手術をされる理由

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。