掲載中の作品

私は、“フェラチオの仕方は知っている”と言った。

ある日、片思いしていた男の人にフェラチオをお願いしたら「ダメ」と言われた日がありました。俺は頭にきて、自分でやるからって言ったんだ。私はかなり気持ちよくて、彼の顔中にザーメンを出したくなりました。口の中はすでに唾で濡れていたので、私はそれに挑戦することにしました。

私の濡れた口の中に彼のチンコを入れました。それから彼のもう片方を取り、彼のチンポの周りに口をつけると、彼のチンポはとても太くて、全部は入れられないと感じました。私はがっかりしましたが、彼の体に何をされたのかがよくわかりました。私は彼にフェラをしたかったのでフェラをしましたが、彼が私を犯してくれるのを本当に見たかったのです。私の口の中は彼の精液で本当に濡れていて、それを楽しんでいました。この男は私とファックしたかったのです。彼はとてもセクシーで、彼は完全なパッケージでした。セックスしたかった。チンコをしゃぶってファックしたかった。私は犯されたかった。私はとてもムラムラとムラムラしていた。私はファックされたい。私をファックして、赤ちゃん。私をファックして、私を射精させてください

Photo by Conspiracy.of.Cartographers

私は、“フェラチオの仕方は知っている”と言った。すると、彼がズボンのベルトを外す音が聞こえた。しばらくすると、私の顔に”何か”が近づいてきた。私の口の中に、彼の熱い”モノ”が入ってきた。それは、とても大きくて硬かった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。