掲載中の作品

清々しい朝とは如何なる者にも侵されてはならない神聖なものである。

“爽君 遅いよ。”って。

敏道は8時に起きて、朝の用事を済ませてから机に向かっていた。シャワーを浴びに行くために起きて、シャワーを浴び終わってから車に乗って駐車場に出た。

“そうすけ君、ごめんね、時計を見てなかった”

家に着くまでの半分くらいのところでドアが開いた。

“あっ 爽介君!” 千佳子はソファから飛び起きて、俊道に向かって走っていきました。利通は腰にタオルを巻いていて、二人は今日も同じ服を着ていた。二人とも同じ服を着ていた。二人は同じ場所にいた。二人はほんの数分遅れただけだった。

“遅れてごめんね!遅れてごめんね!遅れてごめんね!” 二人はそれぞれの車に駆け寄り 走り去りました

“ふふふ、今日は学校に遅刻してごめんね、今日は学校に遅刻してごめんね

千佳子はただ目を丸くして、”うん、ごめんね、爽介くん “と言った

Photo by byronv2

清々しい朝とは如何なる者にも侵されてはならない神聖なものである。例えば、隣人が早くからエンジンを蒸して青青とした庭の草を刈っていようと、毎日のルーチンを崩す理由になどならない。敏道は本当にそう思っていたし、今現在彼のダイニングテーブルに置かれた生首を頭からすっかり追い出そうとしていた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。