掲載中の作品

私は、同僚の家の前でつぶやいた。

妻は熟睡していた。
 
 
 
 同僚に妻の寝室で何をしているのか聞いてみました。すると彼は、”彼女は眠い。自分の部屋で寝ているだけだから”
 
 
 
 寝室から出てきてくれと頼んだので、私も一緒に行くことにしました。
 
“夫の部屋で寝る “と答えた。
 
 
 
 私は同僚の部屋に行き、奥さんを起こしました。奥さんはベッドの上で横になっていました。彼女はよく息をしていた。彼女は疲れていたのでしょう。
“どうしたの?妻が寝ているようです。自分の部屋で寝てばかりいてもしょうがないだろう、何をしているんだ?” 私は彼女の部屋の隅にある私の位置から彼女に尋ねました。
“自分の寝室では眠れない」と答えると、彼女は泣き出しました。
 
 
 
 寝室に行ってみると、同僚の奥さんが深い眠りについていました。彼女はベッドの上に横たわっていて、目を大きく開けていました。私は彼女のベッドシーツに血がついているのを見て、彼女の足は震えていて、彼女は激しく息をしていました。彼女はまた叫ぼうとしていました。
 
“ああ、神様。どうしたの?どうしたの」私は彼女を見て尋ねた。
“私よ、私よ “と彼女は答えた。そして、彼女は私が来るのを聞いた。

Photo by PiktourUK

 私は、同僚の家の前でつぶやいた。“彼に奥さんがいてくれて嬉しかった。今まで彼と女性が一緒にいるところを見たことがなかった。しかし、今、彼の妻を見ました。同僚は、今日は出張でいない。その奥さんだけだ。奥さんとヤッてやる。”
 私は、家のインターホンを鳴らした。予想通り奥さんが出てきて、客間に通された。しばらく話していたが、彼女が寝室に案内するというので、私八彼女の背後からついていった。同僚と奥さんの寝室は、別の部屋だそうだ。彼女は、”もう夜も遅いので、主人の部屋にとまっていったらどうでしょう”と言った。私は、喜んで部屋へ入った。
 同僚の奥さんが彼女の寝室に入ってから20分後、私は同僚の部屋を抜け出した。同僚の奥さんの部屋の電気は消えていた。私は、奥さんの部屋に忍び込んだ。ベッドに寝ている彼女の顔が見えた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。