掲載中の作品

さんすう犬ワン(さんすうけんワン)とは、NHKEテレで2014年4月7日か…

さんすう刑事ゼロ」の漫画化も発表されました。

あらすじ

背景

舞台は人口約2万人の小さな町。ドラマの舞台は「さんすうけん」という小さな村 (三すう犬)は、”さんすうけん市 “の真ん中に位置しています。さんすうけん市は、さんすうけん地域全体の中で最大の都市です。

2014年4月2日9:20~9:30の「かんじるサンスー1・2・3!」以来、6年ぶりに小学校高学年を対象とした新しい算数プログラムです。これは、中学低学年の子どもたちへの導入を目的に作られた特別プログラムです。プログラムの舞台は、サンスー犬研市です。

番組では、さんすう犬は算数が得意な警察犬です。サンスー犬はサンスー県市のマスコットであり、主人公です。

物語は、さんすう犬が算数が苦手な多くの住民と出会う中で、さんすう犬を追いかけていきます。左回りにすれば問題が解けると思っている幼い子供がいたりと、物語の中で多くの問題に直面します。

Photo by F. D. Richards

さんすう犬ワン(さんすうけんワン)とは、NHK Eテレで2014年4月7日から放送されている小学校低学年(1 – 3年生)向けの算数番組である。字幕放送に対応している。
小学校低学年向けの算数番組としては、2007年度限りで終了した『かんじるさんすう 1、2、3!』以来6年ぶりの新番組である。2014年4月2日の9:20 – 9:30に第1回放送の「同じ大きさにわけるには?」の先行放送を行った。
なお、レギュラー放送開始前の2013年8月14日にパイロット版の放送を行っている。本項ではこれについても触れる。

目次
概要
算数の得意な警察犬「さんすう犬」のワンが算数に関する町の困りごとを解決していく痛快コメディドラマである。

2013年度に小学校高学年(4 – 6年生)向けとしてスタートした『さんすう刑事ゼロ』が取り入れたドラマ形式が子供たちや小学校の授業などで大きく受け入れられたこともあり、小学校低学年向けの算数番組にもドラマ形式を取り入れたのが本番組である。

本番組と『さんすう刑事ゼロ』はいずれも警察官が登場するテレビドラマという共通点があるが、『さんすう刑事ゼロ』が算数を使って事件を解決するミステリードラマであるのに対して、本番組は前述で挙げられている通り、小学校低学年の子供たちでも親しみやすい警察犬が登場するコメディドラマという点で異なる。

登場人物
レギュラー
ワン
演 – りん(柴犬)
声 – 小林ゆう
算数がめちゃくちゃ得意な警察犬。じっくり考えたり、空想することが好き。粘り強くかぎ回り、手がかりを見つけ出す。腕がかなり器用で、たまに驚くような技を披露する。キュウベイからのヒントで、テンコに正解へのヒントになる道具を持ってきたり、技を披露することも。
キュウベイ
演 – スギちゃん
さんすう交番の巡査。男性。テンコの先輩であるが、算数力はイマイチ。推定年齢40歳。いばりんぼうだが、どこか憎めない性格である。ひょんなことからワンに事件解決のヒントを示すこともある。
テンコ
演 – 伊藤梨沙子
さんすう交番の新米巡査。女性。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。