掲載中の作品

私は、同僚の家の前でつぶやいた。

心臓がドキドキした。私は手で口を覆った
“大丈夫?” 彼女の夫はここにはいないが、彼には妻がいるのか?同僚は今日は出張で不在です。彼女の旦那さんはいないけど、どうするの?奥さんとセックスした方がいいのか、他の人と寝た方がいいのか。旦那に嘘をついてもいいのでしょうか?
“時間を確認させてください”
私は壁の時計を触って、心配そうな顔で時計を見ました。朝の2時半でした。私は口に手を当てました。
 
 
 
 朝の2時半だった。同僚の奥さんの寝室には誰もいませんでした。私はすぐに相方の部屋のロウソクの明かりを消してからベッドに上がりました。彼女の横で寝るのは緊張するので、枕に頭を寝かせました。目を閉じて眠りにつきました。
翌朝、目が覚めました。隣で寝ていた女性は青ざめていました。本当に疲れているように見えました。私は彼女に “大丈夫?”と言いました。彼女は “大丈夫 “と答えました。
“どうしたの?” 彼女の顔を見ると、大量の血が出ていました

Photo by sniggie

 私は、同僚の家の前でつぶやいた。“彼に奥さんがいたのか。同僚は、今日は出張でいない。この家にいるのは奥さんだけだ。奥さんとヤッてやる。”
 私は、家のインターホンを鳴らした。予想通り奥さんが出てきて、客間に通された。しばらく話していたが、彼女が寝室に案内するというので、私は彼女の背後からついていった。同僚と奥さんの寝室は、別の部屋だそうだ。彼女は、”もう夜も遅いので、主人の部屋にとまっていったらどうでしょう”と言った。私は、喜んで部屋へ入った。
 同僚の奥さんが彼女の寝室に入ってから20分後、私は同僚の部屋を抜け出した。時計を見た。午前2時半になっていた。同僚の奥さんの部屋の電気は消えていた。私は、奥さんの部屋に忍び込んだ。電気をつけると、ベッドに寝ている彼女の顔が見えた。私は、同僚の奥さんの横に滑り込んだ。彼女は白いナイトガウンを着ていました。彼女の口にハンカチを入れ、顔に服をまいて、私の顔をみられないようにした。彼女は騒いだが、ハンカチのおかげで声は小さかった。そして、彼女の服をはいだ。奥さんのきれいな胸が現れた。彼女の体は丸みを帯びていたが、胸は小さかった。彼女の肌は白くて滑らかだった。”もしかしたら処女かもしれない “と思った。私はもう我慢できませんでした。私は、奥さんの服を全てはいだ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。