掲載中の作品

私は病院で、胸の検査を受けました。

別の医師に話しかけているのを聞いた。それから別の人が言うのを聞いた “何?” それから別の人が言った “彼女は今そう言ったのか?” 私は “いいよ “って言ったの “パンティ脱いで “って言ったんですよね?私はショックで立ち尽くしていました。彼女はとても若くて、私は中年で、彼女はとても大きかった。私は “彼女が言ったんだ、彼女が言ったんだ “と言いました。彼女は “私が彼女に言ったことを話すわ “と言った。そう言って彼女は立ち上がって帰っていった。医者は “また電話する “と言った “かけ直しませんでした “何でかけ直さなかったんだろう?”って思って 下着姿で座ってたんですよ 外に出て 外に出てまた先生に会いました。名前はSさんでした。”ごめんなさい、どうしたらいいかわからなくて “と言われました。私は “本当のことを言っただけです “と言った。彼女は言った。”話をしてみないと。ここで待っててね” (山里)私は座ったんですよ 彼女は “来ていいよ “と言った (徳井)で また胸を見られたんですよ 彼女は私のブラウスの下まで見て、私の胸を見ていたの。彼女は言ったの “何ができるか知ってる “って 彼女は私の下着を指差した

Photo by cseeman

 私は病院で、胸の検査を受けました。診察室では、医師と私は二人きりでした。診察室にはベッドがありました。医師は女性でした。
 私は、椅子に座った。検査自体は、すぐに終わった。部屋を出ていこうとしたが、彼女に引き留められた。
 彼女は私の胸と自分の胸を見比べてから、“服を脱いで “と言った。私は”なんでですか”と言いながらも、シャツを脱いだ。”シャツだけでいいですよね”と言った。彼女は、”ええ、今はね。”と言った。そして、”あなた、男性との経験はある?”ときいた。私がよくわからない顔をしていると、彼女は”男性の「アレ」をあなたの「ソコ」に入れたことはある?”と言って、私の足の付け根に手を置いた。私は、”私は処女です。”と言った。彼女は、”下も脱いで”と言った。私は、”ズボンだけでいいですよね”と言って、ズボンを脱いだ。私は、下着姿になった。彼女は、私をベッドに案内した。
 彼女は私の上に乗った。そして、彼女は私の手を握りました。彼女は”準備はいいか”と聞きました。私が返事をする前に、彼女は”始めましょう “と言いました。彼女は私の手を彼女の胸に持っていきました。彼女は私の胸を弄ぶように頭を左右に動かしました。彼女は唇で私の口を揉みました。私は首を振ろうとしましたが、彼女はそれを止めました。すると彼女は “準備はいい?”と尋ねてきました。私は “はい “と答えました。彼女は、私の下着を取った。私が着ていた服は、部屋の隅に追いやられた。彼女の体が近づいてきた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。