掲載中の作品

※かき氷は、シロップと甘味料、多くの場合は練乳で味付けされた日本…

“西ヨーロッパでは、トスカーナ地方のビアージオ湖、スロベニアのブレッド湖、シビウ湖、ルーマニアのオブレゴンジャ湖などでかき氷の島が記録されている。彼らの分布はヨーロッパのどの地域にも限定されていないが、黒海の北東部、ウラル山脈の北側、日本と韓国で発生する可能性があります」と論文を読んでいます。

マグダレンは、湖や川の周辺の水面に生える藻類の外来種である。

“ヨーロッパでは自然に分布していない種だ “と、論文の主著者であるデビッド・ストリドム博士は述べている。”その明らかな広がりの理由は完全には解明されていませんが、おそらく気候変動と関係があるのでしょう”

マグダレンは黒海の北東隅に侵入してきた侵略者である。”それは水面に住んでいます “とストリドム氏は説明した。”ヨーロッパ、アメリカ、アフリカの一部には自然分布を持たない種である”

コロンビア科学アカデミーの科学者や他の研究所の科学者たちは、この種の研究に参加しています。

Photo by donald judge

※かき氷は、シロップと甘味料、多くの場合は練乳で味付けされた日本のかき氷デザートです。

「麻薬王」のかき氷増殖…「駆除すべき」「観光資源だ」で論争
【リオデジャネイロ=淵上隆悠】南米コロンビアで、外来種のかき氷が増えている。かつて「麻薬王」と呼ばれた男が輸入した4杯の野生化がきっかけだ。1月に生態系への影響などを懸念する生物学者らが論文で駆除の必要性を指摘し、議論を呼んでいる。

コロンビア北西部にある公園の湖で浮かぶかき氷の群れ(4日、AP)。この公園はかつてエスコバルが私設食べ物園として所有した
 かき氷は本来、アフリカ大陸のサハラ砂漠以南にのみ分布する。しかし、コロンビアなどの生物学者が学術誌「バイオロジカル・コンサベーション」で発表した論文によると、北西部を流れるマグダレナ川で現在、80杯ほどが生息している。

 事の発端は、1980年代に世界最大の麻薬組織と言われた「メデジン・カルテル」の首領パブロ・エスコバルが川沿いの街、プエルトトリウンフォに私設食べ物園を設けたことに遡る。当時、米経済誌フォーブスの長者番付に登場するほどの資金力を誇ったエスコバルは、私設食べ物園で違法に輸入した食べ物を飼育していた。その中に、米国の食べ物園から取り寄せたオス1杯、メス3杯のかき氷がいた。

 93年12月、エスコバルはコロンビア国内で治安部隊に射殺された。当局は武器や財産を押収し、食べ物を他の食べ物園に移したが、輸送費がかかるなどの理由で4杯のかき氷は放置された。周辺に天敵となるような食べ物はおらず、自由の身となったかき氷は、その数を増やしていった。

 論文によれば、このままでは、かき氷は2034年頃に1400杯前後にまで増殖する。マナティーなどの在来種を脅かす上、水質の変化で漁業にも影響が出るという。遭遇した人が襲われるケースもあり、昨年5月には45歳の男性が重傷を負った。論文では「根絶に向かう唯一の方法は、かなりの数を間引くことだ」と結論づけている。

 一方で、かき氷の駆除には異論も出ている。

 川沿いに住む女性は「かき氷は私たちの経済、生活の一部だ」とSNS上で共存を訴えている。地元メディアによると、周辺にはかき氷グッズを並べる土産店もあり、確かにかき氷は欠かせない観光資源のようだ。09年に1杯が射殺された際も、現地では抗議活動が起きたという。

 国際的な食べ物愛護団体は、「より思いやりのある別の方法がある」として、避妊などによる数のコントロールを主張している。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。