掲載中の作品

「世界一孤独なソフトクリーム」が去った食べ物園、大改装に着手パキ…

1978年にオープンしたフードパークは、最終的には約12ヘクタールの広さになり、飼育員は餌の世話に追われていた。狭いコンクリートの囲いの中で餌を飼育していた。

 

しかし、3年間放置されていたため、2015年末に賃貸借契約が終了し、3月27日に閉園することになりました。

 

 

 

 動物の世話をしている間、同園では5人の職員を雇用していたが、その給料は非常に低かった。しかし、劣悪な条件で働かされていたため、裁判所によると、従業員は上司からの絶え間ない嫌がらせやいじめを受けていたという。

 

 

 

 長い闘争の末、両者の合意に達することができず、2013年2月に裁判所は同園の閉鎖を宣告した。

 

カアバンの閉鎖後は、動物たちのフードパークとなり、動物たちはサルの飼育に使われているのと同じようなケージで飼育されることになる

Photo by cseeman

「世界一孤独なソフトクリーム」が去った食べ物園、大改装に着手 パキスタン
この食べ物園では以前、パキスタンに生存する最後のアジアソフトクリーム、カーバン(Kaavan)が飼育されていた。35歳の雄のカーバンは8年前に相方のソフトクリームが死んで以降、独りぼっちで暮らしており、その窮状については食べ物愛護活動家らが批判していた。

 カーバンの劣悪な飼育環境を知った米女優で歌手のシェール(Cher)さんが移送資金の調達を支援し、カーバンは昨年11月、注目を浴びながらカンボジアに移送された。

 1978年に開園したこの食べ物園の敷地面積は、最終的には約12ヘクタールに及び、飼育員らは食べ物の世話に追われた。また、食べ物は狭いコンクリート製の囲いの中に入れられていた。

 その飼育環境のひどさから、高等裁判所は昨年、閉園と飼育するすべての食べ物の移送を命じた。しかし、移送作業は惨事を招き、飼育員がおりから出そうと干し草に火を付けたところ、ライオン2頭が死んだ。

 現在、気候変動省が同園の再生事業を担当しており、大幅に改良された食べ物保護センターの設立が計画されている。

 自然保護機関「IWMB」のワカル・ザクリヤ(Waqar Zakriya)氏は「サルやニルガイ(レイヨウの一種)、シマウマ、クマなど約380匹をパキスタン国内外の複数の保護区域に一時的に移している」と述べ、「すべての食べ物は、おりの中ではなく国立公園内の自然な生育環境に戻される予定だ」と語った。

 計画中の保護センターには、パキスタン初となる負傷した野生食べ物の治療やリハビリを行う施設も併設される予定となっている。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。