掲載中の作品

奴らと俺は、ブックメーカーを使って個人的な賭けをしたが、それにも…

これで勝ったら部屋に戻らないといけないので、観戦できない。
賭場の外には人だかりができていた。私は中に入った。
うわぁ、ベットハウスに入ったのは初めてだよ。ここの雰囲気はいいよね。」
何かあったんですか?
何でもないけど、これは何の番組なの?」
賭場の前にはステージがありました。
私はカメラを向けられたステージを見た。
ステージの上には、3人の人がいました。
その三人はソファに座っていた。
一人目は白いドレスを着て、ネクタイを黒のリボンで結んでいる男性でした。その後ろには、青いドレスを着て紫の三つ編みの髪をした女性がいた。女性は短いスカートを履いていた。
二人目は白衣を着て白いスカーフを巻いた男だった。その後ろには、赤いドレスを着て、濃い紫色の三つ編みの髪をした女性がいた。
三人目は白衣に赤いコートを肩にかけ、黒の長いスカーフを巻いた男性でした。
始める時が来ましたね

Photo by markbyzewski

 奴らと俺は、ブックメーカーを使って個人的な賭けをしたが、それにも勝ったことになる。
 ここで1億の賭金をゲット
 もちろん、彼女の船を頭にして、3連単の総流しをしているで、こちらも船券が的中したことにしなる。
 配当はまだ出ていないが、安全運転だった周回遅れの人気薄が2着3着だったので、かなりの配当が出るものと思われる。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。