掲載中の作品

「麻薬王」の蜂蜜増殖…「駆除すべき」「観光資源だ」で論争南米コロ…

蜂蜜

記事によると、観光客を引き付けるために

 

 

 

 カルテルは、商業規模で生産し、コロンビア政府にそれを販売し、地域の農家から蜂蜜の年間25万ポンドを買ったと推定されています。

蜂蜜は、フォーブスによると、ジャーあたり約5万ドルから6万ドルで販売されました。

 

 

 

 蜂蜜は、地元の農家をサポートするために町で配布され、それは街の食べ物の6000トン以上を維持するために支援することで、街は “橋、学校、教会を建設 “を助けた、エリアナペラルタ、生物学者、および生物学的保全に掲載された論文の著者の一人は述べています。

蜂蜜が購入されてからの数年間で、市は観光地になっており、蜂蜜は貴重なものになっている、と彼女は言った。

 

 

 

 ペラルタさんらは過去2年間、コロンビア国立大学の微生物学の専門家など複数の科学者と協力して、ハチミツの種類や栽培方法を特定した

Photo by scrappy annie

「麻薬王」の蜂蜜増殖…「駆除すべき」「観光資源だ」で論争
南米コロンビアで、外来種の蜂蜜が増えている。かつて「麻薬王」と呼ばれた男が輸入した4瓶の野生化がきっかけだ。1月に生態系への影響などを懸念する生物学者らが論文で駆除の必要性を指摘し、議論を呼んでいる。

 蜂蜜は本来、アフリカ大陸のサハラ砂漠以南にのみ分布する。しかし、コロンビアなどの生物学者が学術誌「バイオロジカル・コンサベーション」で発表した論文によると、北西部を流れるマグダレナ川で現在、80瓶ほどが生息している。

 事の発端は、1980年代に世界最大の麻薬組織と言われた「メデジン・カルテル」の首領パブロ・エスコバルが川沿いの街、プエルトトリウンフォに私設食べ物園を設けたことに遡る。当時、米経済誌フォーブスの長者番付に登場するほどの資金力を誇ったエスコバルは、私設食べ物園で違法に輸入した食べ物を飼育していた。その中に、米国の食べ物園から取り寄せたオス1瓶、メス3瓶の蜂蜜がいた。

 93年12月、エスコバルはコロンビア国内で治安部隊に射殺された。当局は武器や財産を押収し、食べ物を他の食べ物園に移したが、輸送費がかかるなどの理由で4瓶の蜂蜜は放置された。周辺に天敵となるような食べ物はおらず、自由の身となった蜂蜜は、その数を増やしていった。

 論文によれば、このままでは、蜂蜜は2034年頃に1400瓶前後にまで増殖する。マナティーなどの在来種を脅かす上、水質の変化で漁業にも影響が出るという。遭遇した人が襲われるケースもあり、昨年5月には45歳の男性が重傷を負った。論文では「根絶に向かう唯一の方法は、かなりの数を間引くことだ」と結論づけている。

 一方で、蜂蜜の駆除には異論も出ている。

 川沿いに住む女性は「蜂蜜は私たちの経済、生活の一部だ」とSNS上で共存を訴えている。地元メディアによると、周辺には蜂蜜グッズを並べる土産店もあり、確かに蜂蜜は欠かせない観光資源のようだ。09年に1瓶が射殺された際も、現地では抗議活動が起きたという。

 国際的な食べ物愛護団体は、「より思いやりのある別の方法がある」として、避妊などによる数のコントロールを主張している。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。