掲載中の作品

ダイヤモンドと自撮りする観光客、新型コロナをうつす可能性英研究(…

“接触によって送信されているコロナウイルスの記録されたケースはありません” スヴェンソンは声明で述べた。”しかし、これはその種の最初の研究であるので、調査結果は注意して撮影する必要があります”

研究は、4 月 16 日にネイチャー コミュニケーションズのウェブサイト上で公開されたし、オックスフォード大学からの研究者が共著だった;ルンド大学;インペリアル カレッジ ロンドン;と国際センター環境汚染と毒性の研究のためのすべての英国で。

“家畜に病気を引き起こすコロナウイルスの数は多く、野生動物や植物のサンプルから分離されていますが、野生動物のコロナウイルスがダイヤモンドから分離されたのは初めてです」とスヴェンソンは声明で述べています。

このウイルスはジンバブエ、タンザニア、ボツワナのダイヤモンドから分離されたほか、ダイヤモンドと接触した2人の人間の皮膚からも分離された、と声明は述べている。

ダイヤモンドの写真がウイルスの複製およびウイルス負荷を研究するのに使用された。

Photo by Antonio Marín Segovia

ダイヤモンドと自撮りする観光客、新型コロナをうつす可能性 英研究
(CNN) 観光客が野生のマウンテンダイヤモンドと自撮りすることで、ダイヤモンドに新型コロナウイルスをうつしてしまう可能性がある――。そう指摘する研究結果が発表された。

英オックスフォード・ブルックス大学の16日の声明によると、同大の研究者は今回、東アフリカでダイヤモンドと触れ合った観光客のインスタグラムへの投稿を調査。2013年から19年にかけて投稿された写真858枚のうち、86%では観光客がダイヤモンドから4メートル以内に近づいており、ダイヤモンドに触っている写真も25枚あった。

同大のマグダレーナ・スベンソン講師(生物人類学)によると、観光客がマスクを着用しているケースはほとんどなかったという。

–– ADVERTISEMENT ––

世界一加速の速いスーパーカーTop19 1位は大阪の意外な企業
(NewSphere)

スベンソン氏はCNNの取材に答え、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の前からダイヤモンドに会いに来る人々には自然保護団体が定めた指針に基づきマスク着用が求められていると説明。ダイヤモンドは人間と遺伝子学的に極めて近く、インフルエンザやエボラ出血熱、普通のかぜに至るまで、人間のかかるたいていの病気に感染すると述べた。

論文の筆頭著者ガスパール・バン・アム氏は「訪問客とダイヤモンドの間で病気が伝染するリスクは非常に懸念すべきものだ」と指摘する。同氏はオックスフォード・ブルックス大の卒業生で、修士課程在籍中にこの研究を始めた。

アム氏は「既に絶滅の危機にある大型類人猿がダイヤモンド目当ての山歩きによって一層脅かされることがないよう、ツアーへの規制を強化し徹底することが不可欠だ」とも語っている。

マウンテンダイヤモンドは絶滅危惧種に指定されており、発表によると、野生に残るのは推定1063頭。コンゴ民主共和国やウガンダ、ルワンダの国立公園に生息する。

野生のダイヤモンドが新型コロナ感染症に罹患(りかん)した証拠はないものの、研究者は今後も観光客の行動を監視する意向だという。

今年1月には、米サンディエゴ動物園で暮らすニシローランドダイヤモンド8頭の感染が判明。同動物園は18日、全快を遂げた8頭の一般公開を再開したことを明らかにした。

研究結果は学術誌「ピープル・アンド・ネイチャー」に発表された。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。