news

人工知能ニュースヘッドライン 2020/05/25

メルセデスベンツ Eクラス クーペ & カブリオレ 改良新型、最新「MBUX」採用へ | レスポンス(Response.jp)


メルセデスベンツ(Mercedes-Benz )は、5月27日に開催する「Meet Mercedes DIGITAL」で初公開する『Eクラスクーペ』と『Eクラスカブリオレ』の改良新型に、最新の「MBUX」を採用すると発表した。
https://response.jp/article/2020/05/25/334931.html
2020/05/25 20:00

トランコム/次世代物流センター自動化でChinoh.Aと資本業務提携 | LNEWS


トランコムは5月25日、AI・ ロボティクス・IoTなど中国先進技術を日本国内へ導入を行うChinoh.Ai と資本業務提携契約を締結したと発表した。
https://www.lnews.jp/2020/05/m0525309.html
2020/05/25 17:15

クラスタリングとは | 概要・手順・活用事例を紹介 | Ledge.ai


クラスタリング(clustering)とは、機械学習における教師なし学習の1種で、データ間の類似度にもとづいて、データをグループ分けする手法です。この記事ではクラスタリングの概要・手順・分類との違いのほか、群平均法・ウォード法・k-means法のクラスタリングで代表的な3手法についても紹介します。
https://ledge.ai/clustering/
2020/05/25 16:00

話題株ピックアップ【夕刊】(3):アドベンチャ、YEデジタル、すららねっと – 株探


■ソーシャルワイヤー 940円 +150 円 (+19.0%) ストップ高 本日…
https://s.kabutan.jp/news/n202005250612/
2020/05/25 15:27

マーケターはコロナウイルスの脅威にどう向き合うべきか (1/3):MarkeZine(マーケジン)


 新型コロナウイルスの発生と感染に関するニュースで2020年は幕を開けました。世界規模で一般消費者への感染が拡大したことで、企業や組織は従業員にリモートワークやオンライン会議を推奨し、教育機関では臨時休校を決めるなど、これまでの暮らし方を見直す必要が出てきました。また、大規模イベントの自粛要請や教育現場でのカリキュラム変更など、社会で様々な混乱が起きていることも事実です。こうした非常事態に、企業のマーケティング担当者がとるべきアプローチを事例とともに解説していきます。
https://markezine.jp/article/detail/33441
2020/05/25 14:00

すららネット急伸、世界最大級のタイ日本人学校が「すらら」を全面導入 – 株探


すららネットが後場急伸している。同社はきょう、自社が提供するAI(人工知能)×アダ…
https://s.kabutan.jp/news/n202005250494/
2020/05/25 13:57

(COVID-19更新)食品および飲料市場における人工知能(AI)| 業界分析、成長、課題、トレンド – Movie bank online


食品および飲料市場の人工知能は、予測期間2019〜2024の間に65.3%以上のCAGRを登録すると予想されます。 食品および飲料市場の人工知能(AI)の正確な見通し2020-2024は、業界の新規参入者のための完全なガイドです。レポートは、同社がこれまでに小売したすべての製品の市場履歴を提供します
http://www.moviebankonline.jp/%EF%BC%88covid-19%E6%9B%B4%E6%96%B0%EF%BC%89%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E9%A3%B2%E6%96%99%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD/
2020/05/25 13:26

「FiNC」ミッション企画 with「ロリエ スリムガード」 :時事ドットコム


[株式会社FiNC Technologies]~「ロリエ スリムガード」でナプキンストレス※フリーに過ごそう~予防ヘルスケア×AIテクノロジー(人工知能)に特化したヘルステックベンチャー株式会社FiNC Technologies(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:南野 充則、以下「当社」)は、スマートフォン向けヘルスケアプラットフォーム「FiNC(R)︎」にて、花王「ロリエ スリムガード」とのタイアップ企画を本日、2020年5月25日(月)より開始いたします。特許を取得したパーソナ…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000205.000027329&g=prt
2020/05/25 12:25

ソフトバンク、面接合否をAIが判断-新卒採用選考で導入へ – Bloomberg


国内通信大手のソフトバンクは新卒採用の選考で、新たに開発した人工知能(AI)システムを5月末から導入する。動画面接の際の合否判定に使うことでより客観的な評価が可能になるほか、従来に比べ選考時間を約70%短縮できる。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-25/QAV53ODWLU6B01
2020/05/25 12:14

動画:世界初! 3D版AIキャスターが新華社に登場 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


【5月25日 Xinhua News】世界初の3D版人工知能(AI)合成キャスター「新小微」が20日、中国の「両会」(全国人民代表大会と中国人民政治協商会議)開幕を前に公開された。
https://www.afpbb.com/articles/-/3284664
2020/05/25 12:00

量子コンピュータよ、もっと私に“ワクワク”を (1/9) – EE Times Japan


この連載のために量子コンピュータについて勉強し続けていますが、今一つワクワクしません。ハードがないのにアルゴリズムの研究が何十年も行われているのは素直にすごいと思いますが、ことアプリケーションの話になると、どうも“ショボい”気がするのです。そうは言っても、連載を続けないといけませんので、「私の、私による、私が楽しむためだけの記事」として筆を進めることと致します。 (1/9)
https://eetimes.jp/ee/articles/2005/25/news032.html
2020/05/25 11:30

新型コロナ”映像診断”、正確性が格段に上がるAI技術を開発=韓国・KAIST研究チーム|ニフティニュース


韓国科学技術院(KAIST)は、バイオおよび脳工学科のイェ・ジョンチョル教授研究チームが、胸部単純放射線撮影映像で新型コロナウイルス感染症診断の正確性を格段に改善した人工知能(AI)技術を開発したと2…
https://news.nifty.com/article/world/korea/12211-671830/
2020/05/25 10:01

70年代から「ソニー神話崩壊」、繰り返される日本的経営の限界論:日経ビジネス電子版


一橋ビジネススクールの楠木建教授と社史研究家の杉浦泰氏による人気連載「逆・タイムマシン経営論」。経営判断を惑わす様々な罠(わな=トラップ)を回避するすべを、過去の経営判断や当時のメディアの論調などを分析することで学ぶ。第3章のテーマは「遠近歪曲(わいきょく)トラップ」。なぜ、私たちは、地理的に遠い海外の事例や、時間軸で遠い過去の事例を美化しがちなのか。第2回は、「近いものほど粗が目立つ」という遠近歪曲トラップを、繰り返される「日本的経営限界論」から検証する。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/20/00015/051300002/
2020/05/25 10:25

オルツ、withコロナ時代の労働環境デザインにマスク着用時顔認識等を含む統合AIソリューション提供:紀伊民報AGARA


2020年5月25日株式会社オルツ / 株式会社オルツテクノロジーズwithコロナ時代の環境デザインにマスク認識等のAIソリューション提供オルツグループ(株式会社オルツ及び株式会社オルツテクノロジーズ…
https://www.agara.co.jp/article/62404
2020/05/25 09:19

AIがホワイトカラーの仕事も奪う? その時代は、すでに単純な事務作業から始まっている|WIRED.jp


テキストのカット&ペーストのような比較的単純な事務作業の一部が、徐々にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)と呼ばれるソフトウェアによって
https://wired.jp/2020/05/25/ai-coming-most-mind-numbing-office-tasks/
2020/05/25 09:30

富士フィルムがAI技術を使用し新型コロナウイルス肺炎の診断支援技術開発 | Techable(テッカブル)


富士フイルム株式会社は、人工知能(AI)技術を用いた新型コロナウイルス肺炎の診断支援技術の開発。新型コロナウイルス肺炎患者の経過評価や治療効果の判定などをサポートする診断支援技術の開発を目指すという。 コロナウィルスの課…
https://techable.jp/archives/125579
2020/05/25 09:01

オルツ、withコロナ時代の労働環境デザインにマスク着用時顔認識等を含む統合AIソリューション提供|高知新聞


2020年5月25日 株式会社オルツ / 株式会社オルツテクノロジーズ withコロナ時代の環境…
https://www.kochinews.co.jp/article/369634/
2020/05/25 09:00

ポストコロナで浮上するスマートシティーの課題とリスク – ZDNet Japan


新型コロナウイルスの影響は、スマートシティーの在り方にも見直しを迫り、幾つかの課題とリンクについて再考することになる。今回は電気使用量データの活用を例に、整理してみたい。
https://japan.zdnet.com/article/35154169/
2020/05/25 07:35

茂木健一郎 公式ブログ – 匿名の誹謗中傷はできそこないの人工知能がつくったランダムな文字列だと思ってガン無視しよう – Powered by LINE


連続ツイート2560回をお届けします。文章はその場で即興で書いています。本日は、感想です。ネットで匿名で誹謗中傷をする人たちは軽蔑以外のなにものでもないので、まっとうな道にもどるように願いたいが、一方でそのようなひどいめにあっている方々に言いたいのは、単
https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8442617.html
2020/05/25 07:39

現場が喜ぶ「次世代セキュリティ」とは、“マルウェア分析官”の力を借りる方法 |ビジネス+IT


サイバー攻撃の高度化、巧妙化が止まらない。すでに、定義ファイルベースのマルウェア対策は限界を迎えつつある。そこで注目されているのが「次世代」のセキュリティ対策だ。ただし、「次世代」の意味は明確ではない。そこで、その意味を明らかにしつつ、「次世代セキュリティ対策」の真の価値を探っていく。どのような環境なら現場にもその環境を受け入れてもらいつつ、サイバー攻撃を防ぐことができるのだろうか。
https://www.sbbit.jp/article/bitsp/37090
2020/05/25 07:03

神奈川県の外出は東京都と比較して時間が長い 4-5月、レイ・フロンティアしらべ | レスポンス(Response.jp)


新型コロナウイルス感染症流行に伴う緊急事態前後の期間で、神奈川県の居住者は、東京都と比較して外出時間が長い傾向があることがわかった。レイ・フロンティアが5月22日に発表した。
https://response.jp/article/2020/05/25/334899.html
2020/05/25 06:45

ポストコロナで浮上するスマートシティーの課題とリスク – ZDNet Japan


新型コロナウイルスの影響は、スマートシティーの在り方にも見直しを迫り、幾つかの課題とリンクについて再考することになる。今回は電気使用量データの活用を例に、整理してみたい。
https://japan.zdnet.com/article/35154169/
2020/05/25 06:03

小売業における人工知能(AI) 市場-2026年までに70億ドルの機会 – Movie bank online


競争環境、進化するテクノロジー、現在のビジネストレンド、主要な業界プレーヤー、成長パターン、および今後数年間の需要予測に基づくグローバル小売業における人工知能(AI)マーケットに関する詳細な調査研究。レポートには、セグメントとサブセグメントに基づくマーケットの詳細な分析も含まれています。
http://www.moviebankonline.jp/%E5%B0%8F%E5%A3%B2%E6%A5%AD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD%EF%BC%88ai%EF%BC%89-%E5%B8%82%E5%A0%B4-2026%E5%B9%B4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AB70%E5%84%84%E3%83%89/
2020/05/25 06:00

「遠隔医療 2.0」、アフターコロナ時代の主役は“医療”か“情報”か | 日経クロステック(xTECH)


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は1カ月前の状況と比較すると収束に向かっているように見える。その中で、次の時代の医療・ヘルスケアの覇権をめぐり、医療・ヘルスケア産業と情報産業の巨人が争う。このような構図が見えてきた。医療システムはこれからどうなって、その先にどのような産業になるのか、グローバルな技術俯瞰(ふかん)から考察する。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01149/00005/?i_cid=nbpnxt_pgmn_topit
2020/05/25 05:00

70年代から「ソニー神話崩壊」、繰り返される日本的経営の限界論:日経ビジネス電子版


一橋ビジネススクールの楠木建教授と社史研究家の杉浦泰氏による人気連載「逆・タイムマシン経営論」。経営判断を惑わす様々な罠(わな=トラップ)を回避するすべを、過去の経営判断や当時のメディアの論調などを分析することで学ぶ。第3章のテーマは「遠近歪曲(わいきょく)トラップ」。なぜ、私たちは、地理的に遠い海外の事例や、時間軸で遠い過去の事例を美化しがちなのか。第2回は、「近いものほど粗が目立つ」という遠近歪曲トラップを、繰り返される「日本的経営限界論」から検証する。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/20/00015/051300002/
2020/05/25 05:04

中研院と玉山金、AIのR&Dセンター設立 – NNA ASIA・台湾・IT・通信


台湾政府系の研究機関、中央研究院(中研院)と台湾金融持ち株の玉山金融控股(Eサン・フィナンシャル・ホールディング、玉山金)は21日、人工知能(AI)技術の研究開発(R&D)センターを設立したと発表した。…
https://www.nna.jp/news/show/2047403
2020/05/25 00:05

ロシア軍事高等研究財団「今後の戦争は人間の兵士からロボット兵士に置き換わっていく」(佐藤仁) – 個人 – Yahoo!ニュース


「ロボット兵士は人間の兵士よりも速く動くことができるし、人間よりも標的の選定力もあり、攻撃も精確に行うことができます。ロボット兵士ならセンサーに反応するだけで攻撃を行うことができます」
https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20200525-00180145/
2020/05/25 00:30

高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。