掲載中の作品

俺は、夜の住宅街を歩いていた。

私の何がいけなかったのか?目をそらすことができなかった。欲望で体が痛くなった。男の性器を指で触っている人を見たことがありませんでした。他人に性的な感情を抱くのは初めてでした。私は全力で歩いて家に帰りました。
次の日、家に帰ると両親が台所にいました。母がスパゲッティの皿を持ってきてくれました。母は台所で何かをしていて、私は父の声を聞いた。
“しーっ、お父さんが怒るよ。テレビを見続けることを許してくれない”
“ママ ただの妄想よ”
“そんなの見ちゃダメよ “もうすぐ結婚するんだから、もっと気をつけないと”
私の心は沈んだ 女性が父をオナニーするなんて考えられないわ。
私は立ち上がって家の外に出ました。私は恥ずかしくて全てを説明できませんでした。私は車に向かって歩き始めました。前の晩のことを考えながら座りました。私はそれについて考えるのを止めることができませんでした。私は車に乗り込み、家に帰るために車を走らせました。バックミラーに映る自分の姿が少し気になりました

Photo by Lieven SOETE

俺は、夜の住宅街を歩いていた。道のわきにとまっている車の中から不審な声がしたので、そっと覗いた。中では、裸の男女が重なりあっていた。女性は明らかに楽しんでいるようで、腰から上は裸になっていました。
男は腰から下が裸になっていました。二人は四つん這いになり、女は手を使って男の男根を揉み、男は暗示的な動きをしていました。私はかなりショックを受けましたが、同時に興奮して好奇心をそそられました。女性が男性の性器を指で触るのを見て、何か性的な衝動を感じた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

202X年、コロナウイルスが突然変異した全く未知のウイルスの影響によ...

物語の主人公は、ウイルスの力を与えられたユウキという男。物語はビジュアルノベルが原作で、主人公はサキという少年。 ある日、サキは記憶が綴られた日記を見つけ、そこにはシキという不思議な少女の姿もあった。 その日記は、ウイルスに襲われて超人になってしまったユキという人間のものだった。 主人公は、ユウキと...
0 0
2021年1月19日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

暗闇の中で蠢き敵を騙す者鎧聖天使に祝福された刺し傷防止のレビテー...

敵を石に変えることができる黒い球体。この球体には名前がなく、名前をつけることもできません。 輝く大きな銀色の球体で、敵を石に変えることができます。男は歩くときに足を折られても生きていける。この球体には名前がなく、命名することができない。 金色に輝く大きな球体で、敵を石に変えることができる。欲という...
0 1
2021年4月8日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

やり抜くためには目標が必要である。

自分が何を実現したいのかがわからなければ、どうやってそこにたどり着けばいいのかもわからない。 漠然としたイメージからスタートしてしまい、実現することが難しくなってしまいます。 実現するまでには時間がかかるかもしれませんが、最終的にはその価値があります。 それは、目標も同じです。 自分が何をしたいのか...
0 0
2021年3月12日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。