メロスは激怒した。

メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐じゃちぼうぎゃくの王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。きょう未明メロスは村を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此このシラクスの市にやって来た。メロスには父も、母も無い。女房も無い。

メロスの人生はすべて嘘だった。彼は羊飼いの息子であり、シラキュースに殴られ、王にも殴られていた。彼は王にも街にも殴られていた。彼はシラクーサに行ったことがなかった。

シラクーサは世界で最も邪悪な都市だった。毎年、何千人もの子供たちが、この街の残酷な法律によって殺され、あるいは殺されていたのだ。家はほとんど残っておらず、ほとんどが焼かれてしまっていた。

メロスはシラクサにやってきて、王のために働き始めた。彼は昼も夜も働いた。彼は働き者だった。あまりに一生懸命働いたので、王様は怒ってしまった。王様はメロスに町のことを調べてくるように頼んだ。彼はメロスに、シラクサがどのように叩かれてきたか、王にどのように叩かれてきたか、町にどのように叩かれてきたかを調べるように頼んだのです。彼はメロスに、街の犯罪について教えてくれるよう頼んだのだ。彼はメロスに都市の真実を知るように頼んでいた。

メロスはシラクサに行った。彼は王の宮殿に着いた。王はメロスを見た

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。