掲載中の作品

私は真っ赤な髪の天使です。

「あなたは 『真紅』だよね?」
“はい、そのとおり。”
何の感情も表さず、落ち着いて答えます。
「それでは、真紅になる方法をお教えします。」
デーモンレースの人に初めて会った。このことにも驚きました。
「はぁ……何言ってるの?私は悪魔です。クリムゾンになりたくない」
私はそのような人ではありません。
「大丈夫、私にはまだあなたを教える力があります。」
話を続けようとしていると、突然彼の手が黒い布に包まれているのを感じました。
「んん」
肛門に何かが挿入されているのを感じました。
この状態で、中に何かを挿入すれば貫通できると感じています。
「なるほど、アナル処女?それで、私にこれを入れて欲しいですか?」
「そうだ!」
私は天使になります。
クリムゾンになりたくありません。
「ふふふ。その後、すぐにやりましょう。あなたはアナル処女なら私に教える力がありますよね?」
“はい!”
彼が貫通されていたとき、私は彼の柔らかいうめき声を聞くことができます。
“良い。それでは始めましょう。」
私との会話を終えたばかりの 『クリムゾン』が、今から初めてトレーニングを始めます。
「ああ、あああああああ!えっ?!」
魔族の手で突き刺された少女。
鬼に刺された鬼族は、美しくて細身で心が痛くなる人です。
「ん…ちょっと大きすぎる!」
「大丈夫、当惑する必要はない。それはすべてトレーニングの一部です。」
挿入感が激しい。必要ないって言ったけど、彼はそうだった。
「……んん」
「ああ、ああ、ああ!」
「あ、ん。え?えっと……」
手が私の中にあった悪魔の種族は、彼の体の中で起こったことに非常に驚きました。
「あぁ、痛い。私はそれを手に入れています。」
“そうですか

Photo by autographedcat

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。