掲載中の作品

私、貴方が思ってる程安い女じゃないの。

“…そうですか。”
「聞きたいことはありますか?」
「いや、それじゃない。あと、この邸宅に戻るのは大変なのかなと思っていたところです」
「うん…できるだけ早く故郷に帰りたい。首都を離れたい。戻って親戚に会いたい」
“…そうですか?”
「そんなこと考えたくない」
“…はい。あなたは正しいです、エミヤくん。あなたが私を置いてきたように、私はあなたと一緒にいます。」
「…ありがとう、ミティ」
「じゃあ、仲良くして幸せな暮らしをしよう」
「ありがとう、ミティ。」
彼らは良い会話をし、ミティはエミヤに頬にキスをした。
「私も幸せです。」
“本当に?あなたは多すぎる!」
「ミチさん、ありがとうございました!」
その後、彼らは大邸宅から逃げることにしました。
馬車はすでに停止していた。
「ミティ、あなたも行くの?」
“まあ、そうだろう。この場所を離れるなら…短い旅でもいい旅になると思います。」
「私はあなたと一緒にいて、お母さんの世話をします。どこへ行ってもわがままにならないで」
「……そう、母と父。私は一生懸命働くつもりです。メイドになっても問題ありません」
“そのとおり…!”
彼らはおしゃべりを楽しみ、馬車は再び動き始めました。
翌日の朝。
「すみません、エミヤくんですが、帰らなければなりません。」
「え?どうして?なんかあったの?”
「あの子を見つけたからです。彼女が黒竜の血を城に運んだのは彼女だということがわかりました。」
“何!?どうやって知ったの!?”
「そうです、私に対して使われた黒竜の血は、私の母の友人であった誰かの血で染められたからです。」
「じゃあ、誰だ?」
「うん、ゆずき先生でした。彼から、ブラックドラゴンの血を使ったのは、私の母の親友だった人だと言われました。」
「では、彼女はどうなの?」
「彼女の名前はミティです

Photo by Pete Tillman

私、貴方が思ってる程安い女じゃないの。みくびらないで。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。